2017年6月3日土曜日

『出身星』別『スターシード』と『シリウス・スターシード』特徴

わたしはこういうことに最近つながって
自分は『スターシード』だと確信しました。
そして今のわたしの状況は③の部分で心身あがいているのだと思います。

↓ネット

①高いエンパシー能力を誇るスターシード

地球を救うためにスターシードが生み出されたわけですが、どうやって救うのかという話しをします。まずスターシードの人たち全員に言えることとして高いエンパシー能力を使って波動を上げる方法があります。
スターシードのエンパシー能力とは言葉やコミュニケーションを伴わずに、他者の痛みや感情を読み取る事が出来る特殊な能力です。そしてそれらを用いて他の人の波動を高め、人間一人一人の波動を高めることによって、地球上の波動を高くし、より良い世界にすることで地球を救うという方法をスターシードは取ることが出来るのです。
もちろんそれぞれ何かに秀でた力を持っていたからわざわざ転生してきたので自分の得意分野で地球をより良くする方法を取ることもするのですが、それが出来るまでのスターシードとして覚醒するためにはかなり波動を高めないといけません。社会全体を自身の才能などで良くしている人はかなり早く目覚め波動を高めることに成功したスターシードであると言えます。

②社会に溶け込むのに苦労する面を持つスターシード

スターシードである人の特徴と言うものがいくつかあります。例えば子供の頃から心身ともに過敏で手の掛かる子供であった。自分の意思がはっきりとある為、反抗的で素直ではない態度をとると評価される。更にはあまりに高い精神性を持つがゆえに精神病や発達障害と診断される事もあります。
そのように周りの子供とは違う子供である事が多いスターシードですがコレは大人になってからも続きます。例えば理想が高すぎるので鬱になりやすい所だったり、波動の上がるようなものを好んで行うので、自分が楽しい事や興味のある事だけをやりたがると誤解されるなどです。
自分は一生懸命波動を高めようとしているのに波動の低い人たちはそれを無意識に邪魔をしてしまうという現象が起こるのでこのようになると考えられますが社会に溶け込みながら波動を高めるというのはとても難しいことなのです。

③アセンションすることで力を取り戻していくスターシード

そもそもアセンションとは何かをまず説明いたしますと、波動を高めて今よりも高次元の存在になることです。元々高次元のスターシードがなぜアセンションしなければいけないのかと言うと転生の影響があるからです。
転生をすることによって魂はそのまま高次元の存在ですが肉体そのものはそうは行かず、他の地球人と同じレベルの波動まで落ちてしまうのです。その為転生したスターシードたちは記憶はもちろん、その力や力の使い方などを思い出せず、なんとなく違和感がずっとあるとか孤独感がずっとあるという状態になったり、力が目覚めたもののちゃんと使えず自身に悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。それを何とかするためにアセンションを繰り返し本来の力を取り戻す必要があるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上をみて
ご自分も『スターシード』だと
気づく人もいるかもしれないです。
『スターシード』には「出身星」別の特徴があるそう
わたしは『シリウス星』の特徴にあてはまりますが
あなたやあなたのお子さんももし
『スターシード』だと思うなら、どの星にあてはまりますか?↓

プレアデス・スターシード

彼らはとても優しくて、ジェントルなタイプのスターシード。エネルギーはソフトかつ繊細であり、内側から慈悲に満ちた光の細かい粒子がはじけてくるかのようです。スターシードには独特の繊細さが出てくるんですけど、プレアデス人自体は、まるで友達みたいな気の置けない感じがあります。色は光る黄緑色です。
プレアデス系スターシードは、おうし座のプレアデス星団からやって来ています。7つの星で出来ているためセブンシスターズと呼ばれることもあります。彼らはともて古い種族の一つで、優しく繊細です。いつも明るいエネルギーを身にまとっています。彼らは調和の中にいるのが好きで、みんなに幸せでいてほしいと願うタイプですが、その反面、気持ちを抑え込んでしまい、自己批判に向かう傾向もあります。
また素直さゆえにネガティブな感情もオープンに表現してしまうタイプの人は、よく問題を起こします。ネガティブさはプレアデス系スターシードの特徴とも言えるでしょう。状況を円滑に進めるため、怒りなどのネガティブなエネルギーを吸い取ってしまうエンパス傾向もあります。
  1. 優しく親切で、繊細だ
  2. 他の人を喜ばせたいという強い思いがある
  3. いつも明るく、ほがらか
  4. 調和や協調を大切にする
  5. 感情を押さえつけてしまう傾向がある

アルクトゥルス・スターシード

彼らのエネルギーは、他のETたちとは全然違います。より真面目で、勤勉なイメージがあります。テクノロジー系オタクとか、読書家・勉強家みたいなタイプです。スピリチュアルな智慧を求めるハーミット(隠者)的な感じもあります。でもシリウスの真面目さとは違って、ドリーミーオタクタイプです。色は黒っぽい感じもあるシルバーです。
アルクトゥルス系スターシードは、深い洞察と知識を内側に秘めています。彼らは自分の人生には何か重要な役割があることを知っていますが、多くの場合、自分でそれに気づいていないことがあります。このためアルクトゥルス系スターシードの多くは、若いうちからスピリチュアルの知識を探求することになります。魂の目的が見つからないと、自分でも理由が分からないまま、心が落ち着かないことがあります。
  1. 強い内面を持つ
  2. 子どもの頃からスピリチュアルなことに興味がある
  3. 想像力豊か
  4. ユーモアのセンスがあり、人を笑わせるのが好き
  5. 旅行が好き

アンドロメダ・スターシード

彼らのエネルギーはとても不思議です。メンタルな人が多く、よく考えるのが好きです。考えすぎるとかではなく、沈思黙考のエネルギーが好きなんだと思います。ほら穴みたいなイメージで、あらゆるエネルギーを吸収してしまうので、ヒーラーに多いタイプだと言われています。色は、青紫です。
アンドロメダ系のスターシードは、常に自由を求めるタイプ。そのため、仕事や人間関係、住居を変えることがよくあります。けれども自由とは自分の内面にあるもので、外側にはないと、彼らは知っています。
アンドロメダ系スターシードは、自分の問題を愛と自信で解決します。この特徴を開拓すると、ソースとのつながりがより強くなります。過去世で身につけた能力が、再び開花する可能性もあります。アンドロメダ系スターシードのほとんどは、ヒーラーかティーチャーになり、スピリチュアルの道を示します。
  1. 自由を愛し、内面の自由を開拓する
  2. 自分に対する信頼と愛を理解する必要がある
  3. ヒーラーやティーチャーになりたいと願っている
  4. 多くの現実や事柄を経験したいと願っている
  5. 決められた日常や活動が苦手で、すぐ退屈する


シリウス・スターシード

彼らは真面目と言うよりは、正義感に強いタイプなんだと思います。スーパーマン的な肉体派っぽいヒーローではなく、深い知性から出てくるジャスティス感があります。彼らは全ての人の権利や平等を尊重し、そのために強く出ることもありますが、一方で神秘的な知識が非常に好きです。神話や遺跡などに強く惹かれるタイプです。色は青白いです。
ホピインデァンの伝説によると、空にカチナという青い星が現れたら、第五の世界が出現すると言われます。彼らの創世神話によると、現在の私たちは第四の世界に住んでいますので、第五の世界が来るときは、世界の浄化が始まるときです。彼らはシリウスにカチナという名前を付けていますが、一説によるとカチナとはエイリアンだと言われています。
シリウス系スターシードは、とても決断力が高いです。自然を愛する戦士のような雰囲気で、自然に優しい技術を愛します。彼らは誠実であることに重きを置きますので、誰とでもすぐ友達になれるようなタイプではありません。ホピインディアンのように、自然と水に強く結び付いています。
  1. リーダー、または戦士のようなタイプ
  2. 新しいやり方を好まず、自然に優しい旧式の方法を好む
  3. ユーモアにあふれた人々で、人付き合いが好き
  4. 自然を愛する
  5. 不誠実な人間が嫌い

わたしは
『シリウス』であり
そのうえ『インディゴの第1波』
なので
どうしても自分の役割上、、
悩むことが多いのが事実です

毎日のほとんどの時間、悩んでます。

悩むって言っても暗いわけでもないんだけど
ずーっと頭が
『ああたらこうたら』と
勝手に考えている・・・

↓ネットでみつけた『シリウス星の特徴』
この特徴を見ると
わたしが犬やネコやほかの動物の気持ちがよくわかることや
わたしの肉体が
特に地球人たちが造りだした化学物質についていけない
ということや
そういった化学物質をたくさん使う一般の地球人と接すると
体調が狂うということが
納得できてしまいました


↓ネット

地球はさまざまな星から転生してきた魂が出会える場所です

星の環境や、広まっている思想によってそれぞれ考えの違いが大きくあったりいたします

違いは個性の働きであり、ひとつの光源から流出した光が、プリズムを通すことで虹色の輝きに分かれるように、もともと唯一の源から流れ出た魂たちは、個性という宝をもって生まれ合わせます

その違いがわからず、時には敵対し合い、理解できずに、どちらが正しいかと反目しあうこともありますが、ひとつの色だけを見て、他の色は間違っていると勘違いしているだけのことがあります

地球は、さまざまな個性のある魂の出会える場所ではありますが、同時に、お互いに理解しあえず、敵対し合ってしまうことも多くあります

そうした個性や特色の違いの一端を示すために、私が見た方の転生を書いてみます


その星では植物が生い茂り、沢山の種類の動植物にあふれています

地球の熱帯雨林に近いですが、もっと木々は大きく、巨大な木々が乱立しています

青色と緑色の混ざった短い毛並みをした知的生物がいます

かれらは集団で暮らし、果物を取ったり、狩猟をして暮らしています

彼らは動物や自然と精神的に一体となれる体験が出来るようです

動物と意識を同通して、その生き物の視点で見ることが出来ます

植物とも意識を繋げると、遠くはなれた木々まで意識が拡大しるような経験ができます

さまざまな動物や植物の特性にとても詳しく、鉱物の性質にも通じています

大人たちが狩に出かけている間に、老人が部族の子を教育し育てます

この星から魂が地球に転生しました

北米のネイティブアメリカンの姿が見えます

その人は薬草に通じ、鉱物のとも仲良しです

病気になった者に薬草を飲ませて寝かせ、先に鉱物のついた杖を患部に当てています

念も強く、敵対する部族から皆を守ることもしています

そうしたネイティブアメリカンのシャーマンとして生まれました

彼はまた転生し、今世では日本にうまれ、ヒーラーとなりました

今世でも、薬草や鉱物の特性を生かしてヒーリングをしているようです

彼の魂は、地球に自然への感謝や、特性を生かした使い方、物質よりも霊性を重視する考えを持って生まれ、人々に教えてくれます

おそらくシリウスと呼ばれる星の近くの惑星の文明であろうと思います

シリウス星人は地球に転生してきて、スピリチュアルな能力が高いため、ヒーラーやシャーマンなど、スピリチュアリストとして生きていることが多いようです

スピリチュアリストで、科学技術や電気製品などが苦手で(もしくは嫌いで)、自然とともに生きるのが好きな方は、シリウスから来られた可能性が高いかもしれません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして
もう少し詳しく
ヒーラーの方の記事より
『シリウス星人』の特徴

『シリウス星人』に向けた心強い言葉
今はわたし自身、こういう言葉に力をもらっています

今回の地球のアセンションは
『シリウス人』の力が重要 だということを別のサイトで見ました
なので
『自分の努力』が『自分の質の向上』に成果を出して
『自分の役割』を果たすことができるのか?
という面では
やはりあせっているので
脳みそさんが勝手に
『ああだこうだ』と
考えてしまっている
のだと
思います。

・遊び心がある、天真爛漫な自由人。大胆で好奇心旺盛。
・危険な冒険もなんのその。
 「本当は大丈夫だ」ってわかってるから、どこにでも飛び込んじゃう。
・誰とでも仲良くしたい!フレンドリー
・情に厚い
・常に本気!ガッツリ関わって遊んで、一緒に経験したい!
 じゃれ合うような関わりかたが好き
・明るくて、その人独特の雰囲気をもっている
・音楽、絵画、演劇、彫刻など、ジャンルを問わずアーティスティックな表現や
 創作活動をするのが好き
・お喋りが好き。でも同時に言葉で伝わらないことへのジレンマもある。
・自然、とくに動物に強く心惹かれる
・イルカ、クジラやネコ科、イヌ科の生き物が特に好き
・深いところに人間に対する拒絶感や恐れがある
・人と仲良くするために自分を変えて、相手が喜ぶような自分像を演じてしまう
・動物的な直観力がある
・存在感があり、注目をうけやすい

と、こんなところでしょうか(*^-^*)

シリウスの人は表現が明るくてフレンドリーな人が多いです。
ただ、その表現方法がワンアンドオンリーでどこまでも自由なため、
育つ環境で理解されなかったり、そこを情を使ってコントロール・矯正されてきた
経験があり、そこにカルマや観念などのブロックを持っている人が多いです。

また、「どんな存在とも仲良くしたい!」という特徴を利用して
特に『情』や「依存」を使ってその人の能力が発揮できないようにコントロールされていたり、
目覚めないような環境(特に家庭環境など、密接な人間関係)に配置されています。

そのため、同情を愛と勘違いしていたり、
人のためにつけてきた仮面がたくさんあって
それを「自分とはこういう人だ」と強く思い込んでしまっていることがあります。


本当は独自のすごく魅力的な表現ができる才能を持っている人なのだけど、
生まれ育った環境が保守的だったり否定的だったりすると
普通の人との違いをポジティブに捉えて使うことができず、
みんなと仲良くありたいからこそ「普通の人」と同じようになろうとしてしまう。
自己否定をしてしまう。
ということもあります。

周りから見ていると「もったいないな~」と思うことしきり。

これらの仮面や自己否定によって本来の自由さや明るさ、
スターのようにパッと人目をひくような魅力が抑え込まれ、
ネガティブな方向に出てしまっていることがあります。

なぜだかわからないけど人から理不尽な攻撃を受けたり、
人のことでも全力で飛び込んで解決しようとしたりするので
それに対する人の反応や評価にがっかりして傷ついてしまったり。
「分かってもらえない」という絶望感から
人に対する不信感にまで繋がってしまうこともあります。


とくに、人間に対する拒絶感や恐れは、
まさに野生動物が人間に対して一定の距離を保って警戒するかのよう。

それはなぜかというと、生まれてきてからの経験で
何度も何度も自分の表現を否定されたり、
仲良くするためにしてきたことを、相手のエゴによって裏切られるような体験を
沢山してきてしまった、ということが一つ。

そしてもう一つは、生まれてきてから接する地球人たちが
どうしてこんなにも真実の愛を忘れてしまっているのか、
ということに大きなショックを受けたから。

人間の暴力性や所有、支配欲を感じる。
社会的なコントロールも強く感じるし、人々がむやみに自然を破壊することも理解できない。
どうして競い合い、傷つけあい、奪い合うのか。
どうして与えあって、喜び合って、仲良くできないのか。
人間ってひどい、怖い、人間って…

そうした経験を経て、地球人にたいする恐れや拒絶、
そして自分もまた地球人である、ということに拒絶感を感じたり、
自分と周りの人の性質が全く違うので内側により強く「自他」がうまれたり。

それでも根本では誰とでも仲良くできる、ということが分かっているし
その光の強さからみんなのことを無条件に愛していて
「分かり合いたい!仲良くしたい!」という願いから
あれこれ努力して人と接しようとします。

しかし、本人が十分に目覚めて癒されていないと、
その方法が「相手のエゴに合わせ、すり寄る」という方法になりがちなので
相手のエゴを刺激し、一時はうまくいくように思えても
結局はうまくいかなかったり自分が疲れてしまったりして
離れてしまうこともしばしば。



シリウスは宇宙の光と闇の戦いや闇の支配の拡大の時期にあっても
その光を失わなかった場所です。

その強力な底抜けに明るい光をたたえたエネルギーをもつシリウス出身の人達は、
癒されて本来の自分自身を取り戻しさえすれば
誰よりも明るくポジティブな光をこの世界に表現することができる人たちです。

だからこそこれまでの理解されにくかった時期には辛い経験もたくさんしてきたけれど、

これから本当に一緒に進んでゆける仲間たちと出会ったり

自分の豊かで自由な表現を 思う存分この地球上で
発信していくことができます。


沢山の大人が眉根を寄せてシリアスな顔をすることや
真面目に真剣にルールにのっとってしか行動できない昨今、

シリウスの柔軟で遊び心にあふれた発想や
自由な行動力、そしてどこまでもポジティブな光の強さは
みんなにとって必要な要素です。

日本という国は 社会風潮的に自由度が少なく
シリウス出身の人たちにとっては生きにくいところです。
(それは他のスターシードにも言えますが^^)

でも、ここにこそ そのやわらかさ、自由さ、軽快さが必要なのです。

なにか社会的な行動をしなければならないのではなく、

あなたがあなたらしさを取り戻すこと。

あなたの魂が喜ぶ生き方をすること。



ここでシリウスのポジティブな側面を表現して、
人々にインスピレーションを与えること。

それが大事です。

わたしたちスターシードやライトワーカーは、自らの光を取り戻すことによって
その場所場所に光のネットワーク・グリッドをつくります。
その光を地球と、人類の集合意識に定着させてゆき
この闇のマトリックスに裂け目を入れてゆくのです。


もう人のために生きている時間はありません。

ここからはあなたがあなたの人生を生きるときです。

どんな状況や場所で誰と生きていたとしても
あなたがあなたであることを思い出しさえすれば
あなたの人生を生きることができます。


あなた自身に人生の主権を取り戻し、

自由に、あかるく、のびのびと

地球上で「あなた」という唯一無二の愛の表現ができますように!

0 件のコメント:

コメントを投稿