2019年5月23日木曜日

神戸市、兵庫県、条例違反8


前記事より

神戸市の
一般譲渡候補犬になれずにいる犬たちに、
連休まえの四月23日に、人馴れの練習の
ためにわたしがおやつをあげに行った

そのなかでも
わたしが特に気にかけていたのが
センターに来てから
一度も散歩に連れて行ってもらえないまま
の状態の犬4頭のなかの
さらに3頭だ

1頭は、元飼い主に飼われている時に 他人を
1度かんだことがあるが、その犬は入ってきた
時から、この子は大丈夫やろ

と思っており、職員もだんだんと
そのように認識してきていたからだ

その三匹についてだが
全て飼い主からの引き取りである

わたしが
神戸市動物管理センターに
言ってきたのは

飼い主からの申し出により
引き取りをした犬(今は犬に限定して書くが)

多くの場合が愛情不足だ

(逆に言えば

であるから
飼い主から神戸市動物管理センターに
引き取りの申し出をするのだから)


人からの愛情を十分に受けずに育ってきた
彼らは、すでに人間不信になっているのは
当然のことであり

その彼らを
神戸市職員が自宅から連れてきて

または
飼い主が神戸市動物管理センターに連れてきて

そのまま収容室にフリ一で入れる


彼らが無理やり入れられた収容室は

彼らからすると

右、左、後ろ
すべて壁面

前面のみ
オリ状になっているのだが

えさ、水は
前面オリの下部に

忍び込ませるのみであり

優しい言葉による声かけなど
してもらえていない

そして
これも最も重要な問題なのだが

一日2回の清掃は

彼らからすると

前回オリが

いきなり
自分に向かって
近づいてきて
かれらの居場所を狭められて

その状態のままで

ホ一スで水をかけて掃除をする


この工場的な作業が


さらに
人間とは
本当に怖いことをする生き物である

との認識を
彼らの脳みそに叩き込むことに
つながる

これは
明らかな動物虐待だ


続く




2019年5月22日水曜日

神戸市、兵庫県、条例違反7


神戸市動物管理センターが犬3匹を殺した日は、
四月30日とこのブログで書いた(連休明け最初に
わたしがセンターでいつ殺したか?聞いた際に、
30日と聞き間違えたか?
わたしが怒りの沸点に達していて勘違いして
記憶したか?のどちらかなのだが)

後で再度神戸市動物管理センターに聞くと、
四月23日であることがわかった

神戸市が直接譲渡する一般譲渡候補犬は
連休のあいだ委託業者のCCクロが清掃と食事と
散歩の世話をするのだが、
一般譲渡候補犬になれるのは、ごくごくわずかな
数である。

玉崎センター長は、(気質、健康面、年齢を加味した
うえでだと思うが)80点から100点の犬だという

この点から、ほとんどの犬が神戸市の一般譲渡候補
犬になれずにいる状態である。

一般譲渡候補犬以外の犬はCCクロは散歩はしない
すでに散歩ができる状態の犬は職員がやるが、
その犬であっても今回の10連休のあいだ
一度も散歩してもらえずに、収容室に閉じ込め
られっ放しだ。

この一般譲渡候補犬になれないでいる犬に関して
だが、平日は、朝は職員が清掃、夕方はCCクロ
が行なっているのだが。


わたしは、この犬たちに人馴れしてもらい
譲渡までこぎつけるために、神戸市動物管理センター
に、定期的に、通っていた。

この犬たちに、普段の食事とはちがう、美味しいと
感じてもらうものを持っていき、普段世話する
人間以外の人からされることで、嬉しいことがある

ということを、脳内に記憶してもらうことで、
センター外部の人間に心を開いてもらいやすく
なり、譲渡できるように、と

それがこの日本国の、

殺処分をなくしていくように

という、動物愛護法に明記されている結果に
つながることになるということが

わたし自身、保護活動を開始した10年前より、
わかっていること
だからだ

そしてこの度の10連休は長いために、できるだけ
連休の直前に行きたかったのだが、連休前数日は
職員の行事があり忙しく見学者のわたしに対応が
難しいということであったので、四月23日の二時半
頃に行った。

後で聞くと、犬3匹を殺した日は、この日だという
ので、わたしがいつも通りに譲渡候補犬になれない
でいる犬たちに
人馴れのためにおやつをあげ終わりセンターを
出たのがおそらく三時か三時過ぎのはずなので、

わたしが帰った直後に

玉崎センター長が

約束を破り
犬3匹を殺した

という事実だ。

連休前に三匹の犬を
厄介払いに殺して
神戸市から直接の一般譲渡候補犬に
なれないでいる犬の数を減らした


いうわけだ

その約束の内容については


続く




2019年5月21日火曜日

垂水区役所 上田バカり長の虐待

昨日、知人宅に
神戸市  垂水区役所  生活保護  担当の
山崎ケ一スワ一カ一と、その上司の
上田バカリ長が来た

トイレと洗面所の水のつまり状態を
見にくるためで、
わたしも知人の同意を得て立会いした

のだが

二人が確認を終えた時に
上田バカり長が
知人に話しはじめた

先週の木曜日に
市役所に行かれて
情報開示請求をされましたが

そのことで
●●さんに
お願いがあります


わたし

お願いてなんや
おかしいやろ
今日は水道見にきただけろ?

上田バカが
井上さんは黙っといて下さい


知人に対して続ける

●●さんは、
前任のケ一スワ一カ一や看護師のかまた
に対しては
好意的にうけとめてらいただいていたよう
に思いますが

わたし

開示請求は

福祉事務所とのやりとりの内容やねんから
マツイとカマタだけちゃうやろ

ハイ
ですからね今から話すので 井上さんは
黙っといて下さい
いろんな職員とのやりとりの記録を
●●さんが見ることになるのですが

なかでも
●●さんが割と好印象をいだいておられた
マツイやカマタが書いた記録を読まれて
ショックを受けられるだろうと思います

わたし

そんなことわかっとるわい
だから公文書取ったんやろが


特にマツイやカマタが書いた文章を読まれて
●●さんがショックを受けられたとしても
その、書いた内容は、
職員が客観的にみて書いた内容です


わたし

ちがうちがう
客観的なんかと違う
主観だらけや
勤務中の公務員が公務に関して主観を
持ち出してはいけない


その客観的にみて職員が書いた記録の内容が
公文書となるのですが、
今回情報開示請求される公文書とは、
そういうものなんです。

わたし

何を言うとるんや

公務員が、一個人の主観だらけのボロクソ
文章書いといて、
それが、客観的?
客観的やから
●●さんが読んでショック受けても
仕方ない?
公文書とは、そういうもんやから?

アホかボケ

何洗脳しとんじゃ
まだ開示されてない読む前から
公務員が●●さんのことをどんだけボロクソ
かいとっても仕方ないおもわそ
おもとんやろが

そんなこというとる
お前こそが
ホンマもんの、
精神障害者じゃ!



このうえないバカの上田バカり長に
先日石田課長から、指導受けたやろ?
聞くと、しらばっくれよったから

おまえあやまれ

●●さんの件やねんから
●●さんに、あやまれ

上田

すいませんでしたー

なんじゃそのあやまりかたは!

あやまるいうのは

頭下げて

申し訳ありませんでした

やろが


●●さん
申し訳ない





コイツがしらばっくれたことで
あのとき石原課長は
本当に上田を指導したのか?

それとこの日の上田から●●さんへの
言葉を今朝、公聴課に電話


公聴課は

公務中に主観を用いての言動や記録があっては
ならない

と言ったわたしの意見には同意をした

あと
この上田の発言は、
●●さんを強制的に洗脳しようとする行為であって
これや公務員が主観を用いて住民を批判する
行為(今回は記録)が上田の発言どおり(
上田は客観と表現した)に書いてあるなら、
これは公務員の住民への集団いじめであり
虐待行為にあたる

これらを意見し

これらは

地方公務員法の

公務員は全体の奉仕者

に違反している




これらわたしからの意見を
公聴課から 垂水区役所  総務と
垂水区役所  担当に 伝える
とのことであった


先程
上田バカり長の上司の石原課長に電話で聞いた

先日の課長から上田バカへの指導はきちんと
したそう

しらばっくれの上田に関して

人格破壊者であり、
ほかの人に害を与える人間であり、
こういう上田みたいな人間を
本物の精神障害者だと思っている

その上田が●●さんに対して昨日

こんなことを言った



石原課長は

職員が客観的にみて書いた記録であっても、ご本人が
主観的にかかれた記録だと感じたのであれば
その時に話し合いが必要ですね
そのためにも開示請求されたのですから

わたし

そうやあ

やりとりの、中身に事実じゃないことが書いてあれば
もちろん訂正してもらうし、主観的に書かれた内容で
あればそれも訂正してもらう

最終目的は、お母さんに会うため
やけど、そのまず第一歩が、今回申請した
情報開示請求やから

課長から指導してよ


課長

折にふれて


わたし

折にふれてじゃない

今日わたしが意見してんから
今日中に上田に言うてよ


課長

わかりました






2019年5月20日月曜日

神戸市、兵庫県、条例違反6


3日前の金曜日、
神戸市役所  公聴課 に電話したあと
神戸市動物管理センターに電話するまでの
合間に

兵庫県庁  生活衛生課  動物愛護担当トップの
石川(おんな)班長に電話した

この日に兵庫県に電話で要請した内容は
一つだけに絞った

もちろんあの兵庫県動物愛護センターだ

要望がとおるまたは検討されるなどとは

さらっさら頭にはない

だが、
当たり前に必要だから
要望した

内容は
コレだ

●兵庫県動物愛護センターの敷地内の全ての
施設と、犬房や猫も同じく
普段入れられている場所にて
普段入れられている状態のまま、
犬猫だけでなく
もちろん
ウサギ、フェレット、とりなど全ての
動物も

職員が勤務している平日の勤務時間内に

見学を希望するすべての一般人に見せること

もちろん、部分的にしか見せて欲しくない
という希望者に対しては
全部見せ
を強要はしない

これをやってくれ



石川班長は

即答で

そんなことはしません

なぜしないと
あなた独断で即答をするのか?


なぜ全部見せないといけないんですか?

今、見学希望があった時に、
見学させていいと決めた
一部の施設と一部の動物は
見学させているので
今後も全部の施設と
全部の動物を見せることはしません

それはわたしの質問の答えになっていない

今、兵庫県動物愛護センターは
犬房や猫が入れられている施設は
一切見学を許していない

動物に関してもごくごくわずかな数の
譲渡候補犬猫に対して希望者が来た時と

一般譲渡の候補になっていない
所有者不明の犬猫の、公示(飼い主からの
連絡を待つためセンターホ一ムぺ一ジに
写真を載せるのだが写真のない犬猫もいれば
警察経由で来た動物のうち、警察が遺失物扱い
とした動物はセンターにて公示を行わないし
飼い主から引き取りした動物に関しては
一切情報を出さないのである)をみて

殺すなら助けたい

とセンターに連絡をしてくる
ごくわずかな人と動物のマッチングの
ためだけに,別部屋にて
見学を許すのみ
である

このことが
兵庫県動物愛護センターが殺処分だらけの
自治体の施設である要因の一つである

だから
わたしは

すべての動物を
普段の場所で普段の状態のままで
見学を希望することを要望している


そしてそのことは

兵庫県条例にある

兵庫県民の動物愛護の思想の高揚

につながることでもあるから

と言うと


石川は

わたしは
見学が動物愛護の思想の高揚


つながるとは思わない



わたしが

それはあなたの主観だ

と言うと石川は

意見は井上さんの主観ですよね?




わたしは

勤務中の公務員に
公務に関する主観があってはいけない
わたしは民間人だから
主観を用いた要望をするのは当たり前だ

わたしは
条例の

人と動物が調和し、共生する社会づくりを
推進するため

このために
全部見せ

をすることを
意見要望している

あなたの公務中の
プライベートの主観はあってはならない

なぜ全部見せないのか?

との質問に対して

今部分的に
見せているから
今後も全部は見せない


わたしの質問に対して
回答する能力さえ
すでにない


いうことが
よくわかる言葉だ


と電話を切ったあと

兵庫県庁  公聴課  竹内に電話をし、
竹内から

なぜ
全部見せをしないのか?

を兵庫県庁  生活衛生課  石川班長に聞いてもらい
その答えを返事してもらうことにし

公聴課  竹内からかかってきた電話中で
竹内がわたしに言った理由とは

●可愛い犬がいた場合に
だれかれかまわず欲しがるといけないから

これを聞き、再度石川班長に電話すると

石川は

そんなことは言っていません

その石川の言葉を再度公聴課  竹内に伝え、
再度竹内から石川に確認させ竹内からわたしに
かかってきた電話の内容は

わたしが少し勘違いしていたようです

石川班長は

現場の判断

ということでした


わたし

現場の判断

その言葉、
やっぱり頭おかしいで


わたしは
なぜ
全部みせをしないのか?と聞いた


それに対して
全部見せをしないと決めた根拠

を言うのが

なぜ?

に対する

正しい応答だ


それを結局石川は

現場の判断



逃げた

石川は
この三月まで現場だった

全部見せを
なぜしないか?

の応答には

必ずその根拠が含められる回答をするのが
当たり前だ

石川には


なぜ?


いうことばが
聞き取れないのであろうか?

それとも

教科としての国語は?

兵庫県も神戸市と同じく

頭のおかしな従業員だらけ


給与を与えている

兵庫県民、神戸市民
としては

頭のおかしな従業員に

条例違反され

動物を殺しまくられて

どれだけの被害を被っている

ことか。





神戸市、兵庫県、条例違反5

今日午前に

神戸市役所  公聴課に電話した

先の記事に書いた内容のうちの一つ

3日前金曜の朝に
おおくまがわたしに電話にて
言った言葉

玉崎センター長の

わたしの要望に対する返事の

ハイ

もしくは

分かりました



普通は
イエス
または
オッケー
または
了承(字のごとく、了解と承知)した

ととるのが当たり前だが

おおくまが言うには

玉崎からすると

ご意見として伺いました

ということであった



玉崎だけでなく

当日その電話からは

おおくま自身も

自分もそうするので

おおくまの

ハイ

もしくは

わかりました



ご意見として伺いました

である

と言ったことに関して

あたまのおかしな人間としか
思えない

神戸市は
このような発言をもっともとする
頭のおかしな人間に公務を行わせて
いるのか?

この意見と
それからもう一つ


神戸市は

わたしに対して

電話も来訪も今後対応しないと
3日前の金曜日にセンターのおおくまが
言ったが

税金で建てられた施設をはじめとした
設備が置かれている施設内に
税金により引き取られた動物がいる

国の動物愛護法には

殺処分をなくしていくように

との
明記
がある

兵庫県の動物愛護条例には
市町は兵庫県の施策に協力すること

とある

これは
兵庫県下の各市町村は、兵庫県条例を守れ
との意味である

兵庫県条例には

●人と動物が調和し、共生する社会づくりを
推進するため

という文言がたびたび明記されている

そのためのこととして

●県民の動物愛護思想の高揚

なる言葉も何度も明記されており

●県民による動物の愛護及び管理に関する
活動を支援し

とありそして

●県民の参加と協力を得て

とある

また
●動物の所有者等に対し、必要な情報の提供

とも記されている

これらすべての文言の内容が

県民の動物愛護思想の高揚のためとなる
ものであり、

同時に

人と動物が調和し、共生する社会づくりの
推進

に役立つものであり


それらが結果

日本国の

動物愛護法に明記されている


●殺処分をなくしていく

という目的



達成するためのものであることは

誰の目からみても

当然
明らかなことである

だから

このような

国の動物愛護法



兵庫県動物愛護条例



存在するのである


わたしは国の
動物愛護法のとおりに

兵庫県の
動物愛護条例のとおりに

動物愛護活動を行なっています


条例のなかに

動物の所有者等に
必要な情報の提供


ありますが

この文には



という文字がしっかりと
書かれています

動物を文字どおり

愛で護る(まもる)ために
わたしは
法律の通りに
条例の通りに

動物愛護の活動を行っています


ですので

その市民であるわたしに

●電話も来訪も対応しない

●もちろん詳細な情報もわたしに今後
一切出さない


いうのは

日本国の動物愛護法も

兵庫県の動物愛護条例も

どちらも

神戸市動物管理センター
職員と

神戸市役所  生活衛生課職員は

違反をしている

ということになります


これは

神戸市民の動物愛護活動を妨害している


ということになりますから




このわたしからの意見を

神戸市役所  公聴課
から
神戸市動物管理センター
玉崎センター長に

今日中には
伝える

とのことでした


続く

神戸市、兵庫県、条例違反

前記事より

3日前に

神戸市役所  公聴課から
神戸市動物管理センター  玉崎センター長と
神戸市役所  生活衛生課  湯木担当課長に
伝えてもらった内容の記事に

大切な事を書き漏れていた
以下だ

●国の動物愛護法には

駆除目的の猫の引き取りを拒否することが
できる

と書かれており、それは

同じく国の動物愛護法の

殺処分をなくしていくように

と明記された

その目的を果たすための大切な具体策の
一つである

しかし

神戸市動物管理センター  玉崎センター長は

猫が目障りだからと駆除目的で捕獲した住民が
持ち込んだ猫を引き取っている

国に動物愛護法に

この事例は
引き取りを拒否することができる


明記されている

にもかかわらず



この理由を以前対面にて聞いた際に

玉崎センター長は
わたしに

●正直者が損をするのは良くない
●引き取りを拒否した場合に、相手が
市長への手紙に書かれると嫌だから

と言った

この玉崎のわたしの問いに対する答えは

ただ単に
玉崎の
個人的な主観だ

勤務中の公務員に公務に関する個人的主観が
あってはならない
国の法律を守っていない

なぜならば

先にも書いたが


駆除目的の猫の引き取りを拒否することは

動物愛護法に明記されている

殺処分をなくしていく


この目的を
果たすためのもの

であるからだ


この意見も

神戸市動物管理センター  玉崎センター長

神戸市役所  生活衛生課  湯木担当課長に

伝えるように
公聴課に要望した



2019年5月19日日曜日

神戸市、兵庫県、条例違反4

前記事に続く


同じ日のおととい金曜日に

前記事にある
神戸市役所  公聴課に電話した後、一件ほかに
電話してから

神戸市動物管理センターに電話し

玉崎センター長に

神戸市役所  公聴課から電話があったか?
聴くと
メ一ルで連絡が来た

と言った


わたしは

あんた、犬3匹を連休前に殺したとわたしに
言うた時に わたしが怒って
兵庫県の動物愛護条例の動物愛護の思想に
かかる部分を言うてみい

言うた時

何も言わんと
冊子をカウンターに置いただけやったけど

おおくまは
兵庫県の動物愛護条例を
読んだこともない

言うて朝言うてたけど

あんたは
どおなんや

読んだこと
あるんか?


読んだことはありますけど

いつでも頭の中にあって
すぐに出てくるわけではありませんし


動物愛護条例の
動物愛護の思想の部分

ていうたやろ

それくらい
頭に入ってないんか


今日中に
職員全員、
わたしが公聴課に言うて
公聴課からメ一ルきた
その部分だけでええから
今日中に読んで

職員全員必ずや

アルバイトも事務員も

CCクロかて
あんたは
神戸市動物管理センターのボランティアが
CCクロやてゆうたけどな

日本動物福祉協会の組織図には
日本動物福祉協会の出先機関として

神戸市動物管理センター  CCクロ

書いてあるんやから
日本動物福祉協会には
清掃と
一般譲渡候補犬に限定した散歩

委託事業者として
毎日一万円税金から支払われとるのやから

それから
中塚恵子もや

しつけ電話相談で

税金から給料とっとるんやから

全員や
今日中に
全員
かならず
読んでよ


はい


と言ったが

公聴課にも言ったが

コイツの

ハイ

わかりました


イエスではない

それを
この日から

おおくまも
やりはじめた


玉崎と
おおくまの


はい

もしくは

わかりました




ご意見として伺っておきます


あったし

今後も


はい

わかりました



ご意見として
伺っておきます



いう意味なのだと

朝の電話にて
おおくま自身が
自分でわたしに行ったから


この

玉崎の

ハイ!



職員、ボランティア全員に
金曜中に

条例のわずかな部分を

読むように


言ったかどうか



月曜に質問してみなければ

定かでは

ない


続く