2017年5月17日水曜日

『いつでも里親募集中』太田さんに質問/兵庫県動物愛護センター三木支所に要請

☆『いつでも里親募集中』にメール

時々掲載でお世話になっています
全ての生命を尊ぶ会
武田です
お世話になります
掲載者が連絡先を明記していないので
『掲載者詐欺』
(里親から多額のお金を取る)の可能性があります
例えばD125229
この犬の掲載者(わんころ)は
連絡先がありません
そして多くの犬を掲載しています
そのうえこの人とは別で
『わんにゃんまま』という人は名前(片岡)と
連絡先を明記していますが
『わんころ』と同じく
『ブリーダーから殺処分寸前にレスキュー』
と書いています
ということは
『ブリーダーが行政の殺処分に持ち込む』
という事実
そして
そうしないように
自分が引き取った
と書いているのですよ
無理やり産ませては
売れ残った犬や
繁殖に利用された犬を
ブリーダーが殺すから
殺す前に保護をした
と書いているのですよ
本来それを知っているのなら
行政に通告をして
行政から
ブリーダーに指導に行かせなくてはなりません
ブリーダーがブリーダーの不要犬を行政に持ち込むことは
許されていません
なぜ自分が最期まで世話をできない数の犬を無理やり
産ませるのか?
売れ残った犬や繁殖犬は最期まで
ブリーダーが飼い犬として
家族にするのが
当然です
このあたり
太田さまはどうお考えになられていますでしょうか?
『いつでも里親募集中』掲示板の
管理をされている方として
お返事よろしくお願いします
PS
だいたい、本名を書かずに掲載させること自体
掲載者詐欺を横行させるもとになっていると思いますが
いかがでしょうか?
全ての生命を尊ぶ会
武田弥生
0795360607

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●わんにゃんママ(片岡) 表示

ブリーダーさんの引退犬で、処分寸前の所を当方でレスキューしました。
当方では、常に沢山のワンちゃん、ネコちゃんを保護している為、里親募集に至りました。

●『わんころ』のネームで募集の名前も連絡先も明記なし 表示

ブリーダーさんからの引退犬で処分される寸前の所を保護しました。私の所ではたくさんのワンちゃんたちが居てるのでこれ以上は困難だと思い里親募集に至りました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この二人は『兵庫県』となっています

昨年『チワママ』ネームの『柿本』(兵庫県加東市在住)という人の掲載のことで
兵庫県動物愛護センター三木支所に指導を依頼しました

この『チワママ』柿本と『わんにゃんママ』片岡が姉妹であることは
知人から聞いていました

以前ブログで相手の名前を出さずに書いていました

当会のあずかりさんだった滋賀県のOさんが
このチワママから小型犬3頭を保護をし
そのうち2頭が全盲
一頭が片目が見えない子
3頭とも生まれつきの症状
チワワが2頭 チンが一頭

Oさんが亡くなられる寸前にわたしが仲介して
里親さんが決まりました
迎えに行ってもらった際は
亡くなられた後でしたが
里親さんが決まったということで
安心されていた

娘さんから聞きました

生まれつきの障害の犬をどんどん産ませるブリーダーにも
三木支所から行くように言って
実際、柿本とブリーダーのところに三木支所が行きました

柿本は里親から5万以上も金をとっていることがあり
おかしいだろう
ということも三木支所に言いました

希望者に対して『早いもの勝ち』という
あせらせるようなメールもしていたことも・・

そのあと『チワママ』のブログが無くなったので
やめたのか?と思っていましたが

もしかしたら今日書いた『わんころ』が
新しい名前かも?と推測しています

それも三木支所に言いました

そしてその柿本の姉妹である『片岡』(わんにゃんママ)も
似たようなことをやっています

二人ともこの『ブリーダーの殺処分犬をレスキューした』という言葉を
使うのは

『搾取』のため ですね

●『かわいそう なんとかしてあげなくちゃ』という
純粋な人をだます言葉です

急がせて高額な金額でもさっさと払わせて決めたい

ということ

これも三木支所 『なかつ職員』に言いました

三木支所も言いました

『ブリーダーからは引き取りませんから』

『そうでしょ 今はそうなってるでしょ?
だからわかるでしょ
金もうけ丸出しってこと

わたしはね
警察や行政の子たちの緊急募集は
そういう言葉使ったことありますよ

でもね
それは本当に殺処分される子だからです

だから
うちで保護する前の
警察(当時の神戸市は99%殺処分だったし兵庫県動物愛護センターも同じくなので
センターに行ったら殺処分という意味)や行政(神戸市と京都府が殺処分を決めた犬だから)にいる状態で
その言葉を使って募集しましたよ

うちで数を増やしたくないからです
頭数制限があるのでね

でも
その募集で決まらなければ
うちで引き取りました

でもうちで引き取るまでは
まだうちで引き取ってないのだから
『殺処分される犬』で
嘘にはなりません

わたしは犬を(神戸西警察の時は猫も)
選ばずに全部引き取る人間ですから
いかにスピード早く
うちで抱えずに
なおかついい人を
見つけるか?


肝心なので
そういうやり方をしていました

うちはかねもうけじゃないのでね

しかし

この二名は金儲けです

金儲けだから
嘘を書いて人をだましたやり方で
こんな募集をするんです
わかるでしょ?

ブリーダーもですよ

どんどん売れ残りや繁殖犬つくって
こうやって不幸にして
そして
こんな第二種(二名とも第二種動物取扱業を取得)とつるんで
かねもうけやってんですから

うちの猫のあずかりさんしてた人で
警察の会計課の人がいるんだけど

その人に4年くらい前に情報もらってたんですよ

西脇市や加東市あたりで質の悪いボランティアがいる って

篠山市(兵庫県動物愛護センター 尼崎本所が管轄)に今は無くなったけど

『小さな命の会』っていう、うちみたいな団体があってね
堀家(ほりけ)さんていうおじいさんがやってたんだけど

その警察の会計課の人がそこにボランティアに行ってたそうでね

こういう質の悪い保護活動者が何人かからんでいて

里親が決まらない犬はそこに持って行くんですよ

『小さな命の会』は金儲けでやってるとこじゃなかった
と思うんですね

人のいいおじいさんみたいで
そういうボランティアが持ち込んだ犬やネコ
全部ひきとっちゃうって
会計課の人が言ってました

時には
全然人なれしない猫を10頭くらい連れてきたりね・・

お金とって引き取ったのか知りませんよ


自分は世話も里親探しもしないで
『小さな命の会』に持ち込むんだ と

そういうのがいっぱいいるんですよ

だから
三木支所は

ネットのサイトで自分ところの管轄の第二種が
どういう募集をかけているのか?
どれくらいの値段を取っているのか?

かかりつけ医がどこだとか?

把握してないといけないんですよ

もちろん
どこのブリーダーとつるんでるのか?
もね

だから
早急にこのふたり(わんころは連絡先なしなので柿本に今は何て名前でネット募集してるのか
聞いて)に早急に聞き取りに行って

その引き取り先のブリーダーにも
行ってきてくださいよ』

三木支所は
『近日中にその方向で』

と・・・・・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿