2017年3月27日月曜日

環境省に意見(動物愛護部会、神戸市動物管理センター)

☆娘が手配してくれたチョコ

『フェアトレードカンパニー』の『ピープルツリー』のオーガニックビターという種類のもの

この会社のチョコでこれだけ、乳製品が不使用なので
8年くらい前から時々食べていました

有機カカオや有機砂糖でできています

カカオは、子供を労働力にしている場合が多いので
きちんと労働の対価が支払われるチョコを選ぶほうが良いと思います

ただ、『フェアトレード』って、どこまで本当に『フェア』なのかな?
という気もしています

高いチョコレートなのですが、それだけの高価な対価で現地の人に支払われているのだろうか??と・・


ODAのように、詐欺まがいのことがなされていないのならいいのですが・・・

☆今日環境省に電話しました

1時間くらいかな・・?

①ペット災害対策推進協会について

ここへ寄附することを環境省が応援していることについて再度意見を

『どこの震災の被災動物のために使ってください』
と、指定をしない場合は、『ペット災対協』崎田氏の判断になる

なので、指定しない寄付金を積み立てにしておいて、後々常勤役員を増やして
天下り対策のために充当されることもあると思うので、そういうことを環境省が応援するというのはいかがなものか?と・・

環境省は
『ペット災対協』が職員を増やすことに使うのは、良くないということですか?

と言うので・・

『それはそうでしょう
寄付する人は、災害の被災動物のために使って欲しいと思って寄附をする
その時に『どこの災害の被災動物のために』という指定をしない場合は、
崎田さんが判断するんですよ
それは、寄附した人の意図に合わないと思いますよ

ペット災対協は、実際に動物の保護をしているわけではありません

『熊本の被災動物に使ってくれ』と指定で寄附されれば、必ずそれに使います』

と、崎田さんは言っていますが、本当にそうされるかも、わたしは、わからないと思っています

そうされたとしても、ただ単に、自分のところに振り込まれたお金を、熊本の被災動物を保護している団体などにお金を送るようになるわけです

そういう程度の仕事であれば、他に職員をおく必要があるでしょうか?

今の仕事内容では、崎田さん一人で十分だと思います

それなのに、環境省がホームページで

『ペット災害対策推進協会への寄附の振込金融機関と口座番号』を掲載しているというのは
どう考えても、おかしな話です

『ペット災対協』に剰余金ができた場合に、環境省関連からの天下りを送ろうと
考えていると推測してしまうのは、今の時代、当然だと思いますが・・・


などと話しました
環境省がどう判断するのか?
わかりませんが・・・

☆今年度から二年間の動物愛護部会の委員決定について

↓委員は以下になりました
部会長(委員)新美 育文明治大学法学部 教授
委員佐藤 友美子追手門学院大学 地域創造学部 教授
委員松本 吉郎公益社団法人 日本医師会 常任理事
臨時委員浅野 明子公益社団法人 日本愛玩動物協会 常務理事、弁護士
臨時委員池永 肇恵滋賀県 副知事
臨時委員打越 綾子成城大学法学部 教授
臨時委員太田 光明東京農業大学 農学部バイオセラピー学科 教授
臨時委員金谷 和明東京都動物愛護相談センター 所長
臨時委員木村 芳之公益社団法人 日本獣医師会 動物福祉・愛護担当職域理事
臨時委員武内 ゆかり東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授
臨時委員田畑 直樹
公益社団法人 日本動物園水族館協会 理事
公益財団法人 東京動物園協会 葛西臨海水族館 園長
臨時委員西村 亮平東京大学大学院農学生命科学研究科 教授
臨時委員藤井 立哉
日本獣医生命科学大学 非常勤講師
一般社団法人 獣医療法食評価センター 専務理事
臨時委員水越 美奈
日本獣医生命科学大学獣医学部
獣医保健看護学科 准教授
臨時委員山﨑 恵子
ペット研究会「互」 主宰
一般社団法人 日本優良家庭犬普及協会 理事
臨時委員山口 千津子公益社団法人 日本動物福祉協会 顧問
臨時委員脇田 亮冶一般社団法人 全国ペット協会 専務理事

特に赤字の部分の委員

やはり体質は変わりません・・

この件に関しても意見をしました

『山崎恵子』氏や『脇田亮治』氏については、過去二年間に続きまた委員

そして『日本動物福祉協会 山口千鶴子』氏に関しても

また、順繰りで、当番のように『日本動物福祉協会』が委員になる

『脇田 亮治氏』は、以前書いたように

ブリーダー&ペットショップの代表として委員になっています

日本動物福祉協会は、これまで書いてきたように

阪神支部が『兵庫県』行政から長年犬猫を引き取り殺処分してきた団体で
阪神支部は休止していますが、その代わり『CCクロ』が『神戸市』に入っています

日本動物福祉協会が、実際、『神戸市動物管理センター』を動かしてると言ってもいい

山口千鶴子氏は、昨年わたしに

『殺処分ゼロよりも、まずは闘犬に反対しないと・・』

『どこの自治体とは言えないけど、横にもなれないような短いくさりでつないでいる』

と、まるで熊本市が『ネグレクト』だといわんばかりの発言をした

と、、そのような日本動物福祉協会率いる『神戸市動物管理センター』だから

神戸市は堂々と

『神戸市は殺処分ゼロを目指さない』とはっきりとわたしに言ったと思う

『子猫の片目が閉じていることだけで、ウイルス感染の可能性があるので殺さなければならない』とはっきりとわたしに言った

ことなども伝えて・・・

獣医師(免許あり)として、発すべきでない言葉を平然と発言してしまい
それを当然と考えていることは、
こういった経緯でこれまで活動をしてきた
『日本動物福祉協会』が事実上『神戸市の動物行政』をぎゅうじっているから
と、わたしは思います・・と

なので実際、当会が神戸市の譲渡団体になるまで、

『CCクロの代表』と、『中塚圭子ドッグトレーナー』と、神戸市の女性職員とで
殺処分判定をして、どんどん殺してきた

わたしが、いきなり『神戸市動物管理センター』に足を運び、そこで話し合いをして
その場の写真をとったり、殺処分判定の材料にしてきた『プラスティックの義手』の写真もとり、ブログで批判を書いたりして、そういうことをして、当会が半年間、殺される犬全てを引き取り、やっと神戸市の犬の殺処分はぐんと減った

ここまでしないと変わらなかったんです

しかしまたその後すこしずつ殺処分が増えている

野犬の殺処分に関しても、啓発が進んでいない

今でも『プラスティックの手』を、犬がごはんを食べている最中にいきなり突っ込むという審査を続けている

今はその審査の結果だけで、殺処分を決めることはなくなったが、他にも
ひとつの部屋に犬を入れて、職員が自転車に乗って奇声を発しながら犬の横を通りすぎて
その時の犬の反応をみるという審査を続けている

そんな審査は犬に恐怖心を与えるだけで、逆によくないといくら言っても
『これらの審査は環境省のガイドラインに載っているので』とやめようとしない

考えてみてください

犬が迷子になってもさがさない飼い主や、センターや保健所に持ち込む飼い主というのは
犬に愛情を与えていません

そういった、飼い主のせいでセンターに送り込まれてきた犬たち・・
そういう境遇で育てられてきた犬たちに対して、センターという、初めての場所に
閉じ込められて、そのうえ、全く知らない人間に、そんな怖い審査をさせられて・・

恐怖心が募るだけです

動物虐待行為だと思います

犬をイノチだと考えるなら、こんなことはしないはずです

犬を物だと思っているから、こんなことができてしまうのだと思います

子猫を殺処分した理由についてもです

あんな理由を言って殺処分するのが獣医師免許保持者の職員ですよ

動物病院に行って
『片目が閉じているから殺さなければならない』なんて言われたら、
猫を連れてすぐさま病院から出ますよ

こんな獣医師に獣医師免許を出したところに
獣医師免許をはく奪してくれと、苦情を言いますよ
警察に、『動物虐待の獣医だ』と、苦情を言いますよ

最近でも、飼い主持ち込みのダックスが、収容室に職員が近づいたら、『うなる』という
理由だけで、譲渡団体に打診もされずに、殺されました

愛情の無い飼い主に、センターに持ちこまれ、知らない『収容室』に閉じ込められて

知らない人間が近づいたら、誰だって、うなりますよ
うなって、当たり前です

当会が譲渡団体になる前も、警察で会計課の職員を噛んだダックスが神戸市動物管理センターに送られたのですが、そのダックスは、センターでは職員を噛まなかったんですよ

それは
警察で噛んでしまったことを
しまった!やってしまった!
って、思ってるからなんですよ

なのに、神戸市動物管理センターに来て、職員を噛まなかったのに、
例の『ごはんを食べている最中にプラスティックの手を突っ込む審査』で
ダックスが義手を噛んだからという理由で殺したんですよ

最近でも、高齢疾病犬を、譲渡団体や一般に打診や募集をしないで殺しています

意見を言った時だけは『今後はそういうことのないように』と言うけれど
同じことを繰り返すので、本気でそういう努力をしようという気持ちがあるとは思えない

猫の啓発にしても、職員に要請をしても、
無責任なえさやりに対して『地域猫制度のパンフレット』を持参するだけで
なんの指導も啓発も行わない
今年4月から、神戸市は『野良ねこの避妊去勢を100%助成』すると議会で決まったけれど、何の啓発もなしでそのようなことをやっても、神戸市の獣医師会会員の獣医師に対して税金からお金が入るようにやったことにしか思えない

そう言ったことや

神戸市職員が

『神戸市は殺処分ゼロを目指していない』と、断言したことも、ある議員の方には
連絡をしています

『プラスティックの手』を使う審査や、『自転車に載って奇声を発しながら通り過ぎる審査』などは、完全に時代遅れです

しかし、それを言っても『環境相のガイドラインに載っているから』という理由により
あのような、犬に恐怖心を植え付けるだけの、逆効果の審査を、神戸市はやめようとしません
環境省のガイドラインを、このように、審査をやめない言い訳に利用されるのだから
環境省が、ガイドラインを変更しないといけないと思います

あのような時代遅れの審査は、今の高齢の人の多くは何とも思わないかもしれないが、今の若い世代の動物の命を大切に考える人たちには、通用しない審査です

ガイドラインの、早急な改善を求めます』などと伝えて・・

そして

神戸市が、猫の目が閉じていることに対して
『殺さなけらばならない』と断言したこと、それから
『神戸市は殺処分ゼロを目指していない』と断言したこと
に関して
環境省から神戸市に電話を入れてほしいと要請をしましたが、
それには至りませんでした

『様子をみていく』とのことでしたが

ただ、わたしが環境省に意見をした

『神戸市は殺処分ゼロを目指さないと、わざわざ断言する必要があると思いますか?』
との問いには、同意を得ましたし、
子猫の眼が閉じているだけに関しても
『ねこかぜでそうなりますよね』と、同意を得ました

動物愛護委員の選定は、環境省職員が決めることではない
とのことでしたが

『それはわかっています
でも、政治がからんでいることは確かだと思います

ですから、麻生大臣の身内が寄附をしてきたり、皇室が寄附をしてきた
『日本動物福祉協会』が、いくらこれまで行政から犬猫を引き取って殺処分をしてきたような団体であっても、『動物愛護部会の委員』に選ばれてしまうのだと思います。

『互』という、山崎恵子さんも、『ペット産業』を応援されている立場ですし
脇田亮治さんも、犬や猫を産ませて販売されている方です

獣医師だって、純血種の犬の存在が多いから成り立つ職業です

わたしは、ペット産業の存在に賛成をしていません

動物たちが、無作為に殺されることが理に合わないので活動をしていますが

ペット産業があるから、殺処分という行為が産まれてしまいますし、

わたしは、今いる犬や猫がみんな幸せになって、そして、犬の存在はなくなり
オオカミの存在が復活すべきと思っています

わたしがやっていることは

犬猫を産ませてはものとして販売する業者と、無責任な飼い主と、一般の飼い主に
啓発をせず、犬猫産業を応援する公務員たちの、『尻拭い』です

わたしは、そういう、動物を物として扱う人たちに、わかってほしいと思い
わかってもらうためにとやってきましたが、今はもう、そうは思いません・・
と伝えました

相手や他の人がどう思うか?とか
どう思うってもらおう?とか
そういうものは問題ではない

要は、自分自身の問題だ

わたしは動物の事を心から思える人間であり
自分のその才能がすごいと思う

もちろん、他にもそういう人がいると思う

だから、その自分の才能であり、得意なことを生かせば良いのではないのか?と


なのでこれも環境省に言いました↓

ただ、やはり、仕事で犬猫と直接接する公務員には、その、すべき業務を、当たり前に、
遂行して欲しいとは、やはり、思います。
『命ですから』

『税金でイノチを殺している』のですから

なので『わからなくても』

すべき仕事をやってもらわなくては困ります

なので環境省にお願いをしたり意見をしているのです

動物愛護部会の委員は、安倍政権の政治的なからみで決まっていると思いますし、
環境省の職員がどうすることもできないと思いますので
わたしから直接連絡が取れる人には、意見を言いたいと思います

ただ、自治体の、上の立場にある環境省として、
意見は言って欲しいのです

3年ほど前に、
当会が、京都府動物愛護センターの譲渡団体になっていた際に、

『京都府』が、犬猫の世話を、土日は全くせずに、金曜に世話をした次は
月曜までしていないことも、環境省に電話をして、環境省から京都府に電話を入れてもらったことがあります

あの時も、いくらわたしが直接京都府にお願いをしてもだめでした
環境省から京都府に電話を入れてもらって、やっと変わりました

それから、この冬の『山梨県庁』敷地内の『のら猫問題』もそうです

あの時に、わたしは環境省に電話をして

『誰の情報とは言えませんが、ある筋の情報で、のら猫の対策に関しては
山梨県庁の財産管理課が主導権を握っており、表面的には、命として考慮していくとの
ことですが、実際はそうじゃないんです

ということを聞き、環境省に電話をして、山梨県庁の財産管理課に、『命目線で検討するように言ってください』とお願いをしましたが、あの時は、電話をしてもらったのですか?犬猫担当か財産管理課か、どちらにしてもらったのですか?』

と聞くと、どちらかはすぐに出てきませんが、電話はしました

と言われたので

『それに関しても、やはり、環境省から山梨県庁に電話が入ったことは、大きな効果があったと思います
あの時、『ある筋から』と言いましたが、実は、『山梨県庁の犬猫担当者』から電話で聞いたのです

報道では、猫をイノチとして考えて、TNRも検討している・・とありますが、

そのことを犬猫担当に言いましたが
犬猫担当が
『そうじゃないんですよ 報道ではそんなふうに言われてもいますが、この件に関して主導権は財産管理課が持っていて、なかなか、TNRの方向には、決まっていないんです』

と言うので、犬猫のことなのに、なぜ主導権を動物愛護担当でなく、財産管理課が持つのか?と思い、環境省に、山梨県庁の財産管理課に、『命目線で考えるように電話をしてくれ』と、あの時お願いしました

わたしは、環境省から山梨県庁に電話が入ったことが、効果があり
TNRに至った、と、思っています

ですので、環境省は、もっともっと、今の時代に合った改善をしていただきたいと思っています

今回、神戸市への電話などは現時点ではしないということですが

実際、入札も何もなしで、単なる一民間企業のような団体の
『日本動物福祉協会』に対して税金からお金を払って
神戸市動物管理センターの動物の世話をさせ続けていることも、
どう考えてもおかしいことですし・・
かと言って、入札をするからいいとも思っていません
特定の民間団体を雇うこと自体、大きな間違いだと思っています

それは、『中塚圭子ドックトレーナー』に関しても同じなのですが

残念ながら、これが神戸市に長年継続されてきたやり方です

また何かあれば、環境省に意見をさせていただきます

と言って、電話を切りました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

環境省にも電話で言いましたが

わたしは
動物たちが理不尽に殺されていることに(殺している人たちは、理不尽とは言わないのですが)対して
自分のからだが切り裂かれる思いがします

ただ、それは、わたしの感じ方であり、
それは、人によって感じ方が違います

福知山市で猫の保護活動をしている女性に言われたのですが

『わたしのからだが敏感なことに関して・・・

だから動物の痛みにも敏感なんですね・・』と

たぶんその通りだと思います

動物たちの苦しみを、自分自身の苦しみのように思うのだと思います

とても、感受性が強いのだと、思います

その感受性は、自然ではない化学物質などにも当てはまるのだと思います

環境省の人に、たとえば動物愛護部会の委員のなかに
入れる獣医師に・・
と、『ある獣医師』の名前を言いました

環境省職員は、その獣医師の名前を知っていました

その獣医師が、表だって『殺処分反対』をうたっているわけではありません

うたって欲しいと、わたしは思うのですが・・・

だけど、その獣医師を委員に入れるようなことをしていく時代だと思う

とは、伝えました。

また今後、その獣医師の名前を、書くとは思います。

『理にそぐわない』100万円疑惑/子供たちの『危機管理能力』

☆今朝、社民党に意見のメールをしました。↓

『森友学園』100万円疑惑 について
安倍政権は、刑事問題でないから、昭恵夫人を国会証人喚問への対応をしない
と逃げていますが、ではなぜ自民党は、『籠池氏』証人喚問にて、刑事問題以外のこの100万円問題について、自ら答弁をしたのでしょうか?
と、わたしは思います。
刑事問題でないから昭恵夫人を国会に呼んで証人喚問しないというなら、この理屈は通らないと思います。
権力強行の逃げにほかならないと思います。
どうか引き続き、この問題をはっきりとさせていただけるよう、お願いします。


☆登校途中の小学生が殺害される事件

千葉県我孫子市北新田にある排水路脇の草むらで26日朝、10歳くらいの全裸の女児の遺体が見つかった事件で、同県松戸市で24日から行方不明になっている小学3年生の女子児童(9)はベトナム国籍であることが26日、同市教育委員会などへの取材で分かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
題名をこのようには書きましたが、TV報道で、『一か月くらい前から、子供たちの
あとをつける車の目撃情報があった』
とのことで・・・

ならばなぜ学校が『集団登下校』にしていなかったのか?と思います

わたしも子供の時に2回誘拐されそうになったことがありますが、今は昔よりも
もっと危険度が高いです

ストレスや化学物質による悪影響、それから、大人自体が機械まみれの世の中で
人と言葉を交わすことが少なくなっており人間関係が希薄なことにより弱者を危険にさらしめるとか、、こういう問題はひどくなるばかりだと思います

ああいうさみしい風景の場所では、特に誘拐に注意しなければなりませんし、都会は都会で、いつ、おかしな大人が通りすがりに襲ってくるかもしれない
という問題がありますが
その、時代時代に応じた、大人の早い判断力で子供を守ることと、その時代に生まれた子供たちの危機管理能力の向上しか手立てがないと思います

最終的に、自分を守れるのは、自分しかいません

なので、慎重に行動する部分と、思い切った行動をする部分、
その時に応じた決断力が、生きるうえでとても大事になってきていると思います

わたしの場合ですが、一回目は、小学校3年生くらいだったと思います。

一人で下校中に、家まであと15分という、一番さみしい場所を歩いていた時に、
後ろから走行してきた『白のセダン』が、わたしの横で停まりました。

運転席と助手席に、まだ若そうな男性が二人。

当時のわたしから見ると、20代後半くらいに見えました。

車が止まったので、足を止めてそちらを見ると、助手席の窓が開き、
助手席の男性が『にこっ』としながら

『乗せてかえったげるよ』と

わたしが言葉が出ないでいると

二人のうち、どちらが言ったか忘れましたが

またにこっとしながら

『ぼくら警察のもんやから』と

わたしは『いいです!』と言い終わるか終らないうちに、
勢いよく家の方向に向かって走り出すと

車はわたしを追い越して行きました。

その先、直線が続かない路だったので、その人たちは、向こう側から車がくるとやばい
と思い、しつこくするのをあきらめたのかもしれません

二人の男性は、普通のカジュアルな私服だったし、警察手帳も見せませんでした

(見せたからと言って、それが本物とは限りませんし)

もう一回は、4年生ごろだったと思います。

また同じ場所で、後ろから来た車が止まりました。

運転席に、おじさんが一人

わたしが足を止めると

おじさんが助手席の窓をあけて、

『ちょっと道教えて欲しいんやけど』と

わたしはおじさんの方にからだを向けました

おじさんは助手席に身を乗り出しながら

『この地図見てくれるかな?』と

でも、わたしの位置から地図は見えませんでした

わたしはこの時も直感で、何も言わずに、瞬間家の方向に向かってダッシュしました

するとおじさんは、わたしを追い越して行きました。

わたしは直感で

本当に地図を持っていたなら、高く上げてわたしが見えるようにするはず

地図を、助手席のドア近くの、椅子に近いところにあるふりをした

と、思いました。

あの時わたしが助手席のドアに近づくと、無理やり車に連れ込まれていたかも
しれません

ほかにも、中学や社会人になってすぐにも、危ないことはありましたが、

誘拐?は、この二回でしたが

通学の朝の満員電車で、痴漢をされたことがありました

小学校、4年生くらいだったと思います

そのころの神戸電鉄は、本数が少なく通勤通学時間の朝はぎゅうぎゅう詰めの満員でした

真っ白の体操服を着て、ランドセルを背負っていました

下は白の綿の半ズボンで、丈が短く裾がWになってるやつでした

急に後ろから、ズボンの上からですが、おまたのところを一本の指が
後ろ側から前側に向けて、すっと入ってきて、
(こういう文章書くのも、ちょっと・・・なのですが)

びっくりして、反射的に振り向くと、すっと指を後ろにひいた

真後ろにいたのは、

黒のツメ襟の高校生

『パタリロ』みたいな顔で小太りな感じの・・

顔つきをみて(あわてたような)、絶対この人って思った

でも、痴漢されたのは初めてだったし、こんな時どうしていいのか知らなかったので

そのままで、、なんとか、次の駅までその後は無事でした

わたしがすぐに振り向かなかったら、あのままだったか
行動がエスカレートしていたかもしれない

5~6年生になった時に思い出した時に、

あの感じじゃ(小太りでパタリロみたいだけでなく、暗い感じ)
同級生の女の子に、もてるわけないし、だから小学生の、しかもまだ高学年じゃない
わたしを狙ったんだろうな・・

と、思いました。

男性を高校生と確信したのは、当時、神戸市立の中学校は『丸坊主』だったからです。

これらの経験を、わたしは親にも話しませんでした


わたし一人だけでも、小学校の時だけで、これだけ危険があったのだから

今の世代の子供さんは、もっともっと危険にあふれていますので

親御さんは気をつけてあげてください

早めに集団登下校を学校に要請したりなど

学校が自ら動くことを待たないで、自分から学校に要請することは
とても大事だと思います。



2017年3月26日日曜日

つね&くま『お散歩』/『世界の終りに』さんの動物愛護活動

☆今日は夫が仕事休みで、人なれのために
『つねくん』と『くまちゃん』を、氷上の『丹波年輪の里』へ散歩に連れて行きました。
30代?40代の女性から『かわいいですね』と声をかけられ

一頭ずつ、散歩をしてもらったそうです

以前犬を飼われていたということで、逃げないようにしっかりとチェーンを持ってくださったそう

つね君は、好奇心旺盛で、ひっぱってぐいぐい歩き、あまりその女性に警戒心はなかったそう
ごんちゃんは、少し『うー』というけど、びびりながらも、散歩できたようで、ふたりとも、とても良い経験ができました。

女性は、今はアパートなので飼えないということでしたが、夫は
『またここで会ったら散歩お願いします』と言ったそう
兄弟の『きょうちゃん』は、綾部の裏庭がせいいっぱいなので、まだまだ時間がかかりそうです!(^^)!

☆とろろと若葉は、同じベッドにいることが多いです

オス同士だと、なかなかこんなふうにはならないのですが!(^^)!


2017年3月25日土曜日

祝?ひきこもり1か年/おなが知事!かっこいい

☆今日でひきこもり1年

店を閉めたのは去年8月なのですが、外出できなくなって、今日で丸一年

長かったような早かったような・・無我夢中だった気がします

化学物質にやられると、からだだけでなく、もちろん精神もダメージを受けます

去年の今日は、多可町に避難してきて半年の時・・

避難してきて間もなくから、ここらへんもある程度大気が工場で汚染されているのは
わかりましたが、、
それでも店の買い物や犬猫のものを買いに行っていました

工場付近のスーパーで買い物をしていたり、往復の車のなかでも、工場の近くの信号でできるだけ止まらないように、信号が赤だったら、手前からスピードをゆるめたり・・とか

小さな工場は日曜日休むことが多いので、できるだけ日曜に買い物に行ったり・・とか

それでもどんどん体は悪くなっていきました

もう出かけるのは無理だな・・と思っていたころ、ちょうど一年前の今日、ドライヤーが壊れたんです・・

一日でも髪を洗わないと(一日に2回洗うことも多い)、汚染された大気が付いた状態のままでは、よけい具合が悪くなるので、仕方なくドライヤーを買いに・・

多可町の街中にしようか、隣の丹波市の氷上にしようか?迷って

時間が同じなので、氷上にしました

行きの車で、、やっぱり氷上もかなりやばい・・と

で、店で買い物をしていると・・・

だんだん呼吸が苦しくなってきて・・はよ帰ろ!と・・

やっぱり行きにある程度汚染大気を浴びているので、そして店のなかの品物や人からも
浴びるので、帰り路は、もっとひどくなり・・

呼吸の方は、なんとか持つなあと思ったのですが、

帰り道に、左手の人差し指が曲がらなくなって、、

多可町に入る寸前に、指は曲がるようになったのですが、

そこから家まで5分なのですが、、

家につく寸前の県道に入って、今度は左の下の歯がキーーンと痛む・・・

『ああ・・金属工場の汚染大気と、虫歯治療のなかでも、たぶん良くない原料を使用した
金属のかぶせ物とが、反応しているんだろうな・・』と・・

ですぐに敷地内の奥に車を停めると、歯の痛みもなくなった

ということがあって・・

もう、完全に外出は無理・・と、あきらめました

それが、1年前の今日 なので、今日は『ひきこもり1周年』です。

でもまだ明確ではないのですが・・・

おとといから、、ちょっとだけ、いいんじゃないか?という気がします

はっきりとはわからないけど・・

何か?少しだけ、いい方向に向いている気がします

精神的にも何かがふっきれたような感じで

わたしのこの症状は、ただの化学物質過敏症じゃないな・・

とは、ある程度前から思っていたのですが・・

おとといから

『わたしはすごい!わたしのこの感覚は、誰にもない才能だ!』

と、急に思えました。

そうしたら、、なんかわからないけど、幸せなんですよね

死ぬことも、怖くないような気がしてきたし

またダウンすることもあるとは思いますが

アップダウンを繰り返しながら、結果がどっちでも

自分のすべきことをやれて肉体を手放せるかどうか?

だという気がしています。

でもこの一年間では、初めて、わずかながらの『UP』を感じています。

今日は、『おからコロッケ』をつくってみました。

『健康フーズ』さんのおからコロッケを食べてみて美味しかったので、マネできるかな?
と・・・

↓具


じゃがいもと人参をゆでて・・
それに、炒めた玉ねぎとおからを合わせて
味付けは、塩(海の精)と、ムソーの『野菜のおかげ』っていう
粉末のスープの素

水溶きの国産小麦粉をくぐらせて、オーサワの天然酵母パン粉を
つけて、カホクの菜種油で揚げる

衣が残ったので、ついでにライスコロッケ
↓手前 おからコロッケ
奥 ライスコロッケ(小さく切ってわんこに)

↓動物性不使用の『ヒカリ食品』さんの
この種類のソースが好き

ごちそうさまでした

わたしはいつも

『やっぱりわたしが作ったのが、一番おいしい』
と思うのです(笑)

人がどう言うかはわかりませんが・・

わたしは、そう思うのです。!(^^)!

☆『民衆の味方』おなが知事は、かっこいい!!


翁長知事、埋め立て承認「必ず撤回」=辺野古移設反対集会で-国、再び訴訟も






米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する集会に参加した人たち=25日午前、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する市民らによる集会が25日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で開かれた。参加した翁長雄志県知事は前知事による辺野古沖の埋め立て承認について、「撤回を必ずやる」と表明した。撤回を明言したのは初めて。
 「撤回」は、前知事による埋め立て承認後に起きた事業者の重大な違反を理由に承認を無効にする行政処分。移設をめぐる訴訟で最高裁は昨年12月、前知事の承認を「適法」として、翁長知事による承認取り消しは違法と判断。県側は敗訴している。撤回すれば、国は再び訴訟を起こす可能性もある。
 国の勝訴が確定後、政府は辺野古での工事を再開。5月にも護岸工事に着手する方針だ。翁長氏は「新辺野古基地を止めることによって、日本の民主主義や沖縄県民の自由や平等、人権を勝ち取る」と訴えた。
 集会は翁長氏を支持する市民団体「オール沖縄会議」が主催、3500人が参加した。翁長氏はこれまで、市民運動と一線を画すとの立場から辺野古での集会には参加していなかったが、知事就任後初めて出席した

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今の政権では特に

『司法』も『立法』も『行政』も、みんな安倍政権に反する結果を出せない
人ばかりでまるめこまれてばかりで裁判なんてやっても

結局安倍政権の思惑を通させてしまうので
意味あるのかな?

と思うけれど

裁判の結果がそうでも

『おかしい事だから、再度立ち上がる』っていう

沖縄の人たちと、おながさんの生き方が、かっこいい!!

安倍首相も、こんなふうに見習って

夫人を筆頭に数名の証人喚問を、野党の要望に応じて
やるべきだと思います

でないと、結局、差別により庶民が泣き寝入りすることになる

と思う。

自分自身の権力で、自分と奥方を守ってばかりだと
国民はしらけてしまいますし

何より公平な態度

を、とらなければ

やっぱりこの問題に関しても『権力の強行』

ということになってしまうと思います。

2017年3月24日金曜日

『地元』での活動/『ドローン』を測量に/中国のニュース


☆隣の集落に持ち上がっている
『業者による大規模太陽光パネル設置』の問題で
隣の集落住民も反対しているとのこと↓

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、草、屋外、自然

今日役場に電話をして、議員の方に連絡しました↓

今日役場に電話しました。業者の名前や電話番号は、規則で教えられないとのことでしたので、わたしの意見を役場から業者に伝えて欲しいと言ったところ、部署内で審議して折り返し電話するとなり、すぐに折り返し電話があり、わたしの意見を近日中に業者に伝えて、伝えたら役場から電話をくれるとのことでした。意見の内容は『これが実現してしまうと、機材の素材等によりわたしの体調悪化となる可能性があることと、予定地の近隣2軒の住民が日照の問題他で被害をこうむることになる可能性があるので断固として反対する』という内容です。また役場から電話があったら、連絡させていただきますね。役場の担当は、建設課のTさんでした。


☆今日の国会で

ドローンが測量に用いられるようにしていく
とのこと・・

理由を人手不足などと、言っていた

数年前に『ドクターヘリ』などで『ヘリ』が日常で空を飛ぶことを必然のように
計画をすすめたのは、いずれやってくるだろう戦争の時のためではないか?
と、わたしは思っていました

次は、『日常に必要なドローン・・』ですか、、、
やっぱり次々に戦闘時にあれば便利なものを法制化しているような気がします

法制化するための建前は『測量』ですが、この『ドローン』も、いずれ戦闘時のためだと
わたしは思います

例えば、、
『ドローンを使用して偵察』とか・・
『ドローンから毒物をふりまいて、生物(人間)殺害』とか・・

とても怖いです。。。

☆世界のニュース より↓
中国では、こんな看板を持った人も・・
中国や韓国は、日本人よりも熱い人が多いと思うので、主張がはっきりしてますね

中国、森友学園問題をトップニュース扱い!




中国の中央テレビ局は森友学園問題を盛んに報道し、今ではトップニュース扱いだ。人民日報や新華社などのウェブサイトも転載。「背後に極右団体・日本会議」があるとして、安倍政権の右傾化批判の材料に。

中央テレビ局CCTVニュースでラインアップの中に!

3月に入ってから、中国の中央テレビ局CCTVは安倍政権の背後には「極右団体・日本会議」があるとして盛んに報道を繰り返していた。16日に籠池氏が「安倍総理による100万円献金」と発言してからは、その勢いが加速し、3月19日夕方のニュースからは、ニュースの主たる項目を最初に並べるラインアップでは、習近平国家主席とティラーソン米国務長官との会談や張高麗国務院副総理の中国発展ハイレベル・フォーラムなどの主要項目などに続いて「森友学園の籠池(氏)が、安倍(総理)から献金があったと述べた」ことを挙げた



政府の『自由貿易』とは?/『ケムトレイル』三度?/『融雪剤』の害

☆昨日また、少しの量だと思うので感じ方は前回までよりも小さかったですが
ケムトレイルがまかれたのでは?と思いました
夜に少し雨が降ったので、また、雨の前にまいたのでは?と・・

今日もまた、もう少ししたら、『近畿防衛局』に
『昨日も少ない量だけれど、ケムトレイルを多可町にまいたのではないか?』
と電話をします

☆今シーズンは、『融雪剤をうちの敷地のすぐ下の道路にはまかないでくれ』
という対応を兵庫県が聞いてくれて助かりました

そのお願いをした理由は、昨シーズンに道路に融雪剤をまかれた際に
敷地への入口を雪かきしたとき
からだにとても悪いものを感じ、実際体調が悪くなりました
それでも二度目の雪の時にまた同じ部分を雪かきしようとした時に
道路の5メートルくらい手前から全く近づけなくなり
雪かきをあきらめました

そういうことがあって、しかもわたしの身体が、さまざまな化学物質から
ダメージを受けるようになっていたので、今シーズンはそうお願いしました
敷地に沿っている部分全てをお願いしたので約100メートルくらい
まかないでくれました

今シーズンは、どか雪が数回ありましたが
融雪剤をまいた道路と、あまり効果はかわらないようだと
ゴミだしに来てくれる夫から聞きました
雪や凍結の際には、朝の5時くらいにこの下を一回目の除雪車が走り
それから以降の時間も、凍結や積雪がある限り、夜の、、何時頃までか?
夜中は走りませんが、ある程度の時間まで走ってくれているようです

朝6時以降くらいは、下の県道を走る車が増えるので、そんなに道路で困ることはない
ようです

これはたぶん、兵庫県の場合だと思うし
まして、地域によってつもり方や、県道でなければ除雪されない場所もあると思います

京都府に住んでいた時も、
府道の近くではありましたが
早朝は除雪車がはしりますが
その後は、そんなに頻繁には走ってくれてはいませんでした
なので、外出中に雪が降ってきたら
急いで帰りました

『融雪剤の害』からは、今シーズンは自分を守ることができて
よかったと思っています


☆『東芝の半導体事業の海外流出について』を
政府は賛成していない

とのことですが、トランプ大統領の考えに反対して『自由貿易』と言っておきながら
いざ東芝のこの件に関しては反対する
というのは、
すごく身勝手な気がします

『自由貿易』をかかげておいて
『技術の自由貿易はだめ』

というのは、違う気がします

都合のいい部分のみを『自由貿易』と政府は言っている気がします

2017年3月23日木曜日

籠池氏もある意味『犠牲』

☆今日の午前中の国会の証人喚問をみていて、
題名のように思いました

政治家や公務員がしっかりさえしていたら
こんな問題はもともとおこらなかった と

先週大阪府私学課に聞いた時に

申請してきた時に貯蓄がいくらあるのかなど
証明するものの添付は全く必要なし
としてきたそうです

通帳の残高がわかるコピーなど
全くいらないそうです

それは、森友学園に限らずこれまで
ずっとそうだった と

驚きましたが、それで通っていたようで、、

なので、4月開校予定なのに
2月の段階でもまだ
入学者が決まっていないような状態に陥ったのでは??

ということは
教育に関しての問題もありますが
計画の面でも
大阪府の行政や国の財務省が
一番の責任だと
思いました

午前中の参議院をみていると
特に、安倍から100万円の寄附の部分で
自民と公明が完全に『安倍の見方』になっていた

安倍をかばうことを公然と行っていた
と見えました

政治家たちがクリーンであれば
籠池さんがこういう事態に陥ることは
なかったと思います

結局、政治家や公務員が
一番の加害者だと
思いました

多可町でも
ある議員(兵庫県議員)は、受け取ると言います

わたしに近い人から直接聞いたけど

『実家が天理教のお寺?だから
お布施だと言えば受け取る』と

でも、ちゃんと、政治がらみのお願いをする時に

です。

でもそういうのが
これまでの風習だったのだから
籠池さんは今回
ものすごく
大きな役割をしているのだな


思いました。

世界『幸せ度ランキング』

☆日本の『幸せ度ランキング』は世界51位だそう↓

報告書の幸福度ランキングでは、ノルウェーがデンマークを抜いてトップ、日本は51位だった。一方、サハラ以南諸国とシリア、イエメンが下位となった。
ランキングは2012年に開始され、今年で5回目となる。155カ国を対象に、1人当たりの国内総生産(GDP)や健康寿命、困難時に信頼できる人がいるかどうか、政府や企業における汚職からの自由度などを手掛かりに幸福度を調査。
2─10位は、デンマーク、アイスランド、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデン。最下位は、南スーダン、リベリア、ギニア、トーゴ、ルワンダ、タンザニア、ブルンジ、中央アフリカ共和国となった。
このほか、ドイツは16位、英国は19位、フランスは31位、米国は1ランク下がって14位だった。日本は51位、シンガポールが26位、タイが32位、台湾が33位などとなった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この結果、わたしはとてもわかる気がします

ブラジルの食肉偽造の件でも

日本では『問題ない』とされている

わたしは肉を食べませんが、それはまた問題が違います

日本の政府がなぜ問題ないとはんこを押すのか?
が、わかりません

問題ないとはんこを押すのなら、問題ない実証を示してほしいですが

でも、根本は、問題ない肉はないと思っています

牛や豚・鳥が食べさせられているごはんや、生まれた時から浴びている
抗生剤とか、、育てられている?という言葉は違うかなと

成長させられている環境とか
そういうものが

とても問題があるので

問題ないことはないと思いますし

やっぱり
命なので

今回の問題も
人類に対する警告だと思っています。

ランキングの結果は、『健康寿命』(肉体から魂が離れる寿命でなく健康に生活できる寿命)

をとらえてや、今回の食肉偽造も
日本の国民が政府を信用できない
一因になっていると思います。

2017年3月22日水曜日

アメリカの『ロックフェラー氏』亡くなる

今日三回目


ロックフェラー氏が、20日に亡くなられたようです
とても長く肉体を保たれたのですね

世界の大きな時代の流れの波が、変わる一つの大きなきっかけに
なるような気がします

米銀行家 ロックフェラー氏 死去


 3月20日、米大富豪で慈善家としても知られるデービッド・ロックフェラー氏(写真左)が20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去した。101歳だった。写真はニューヨークで2003年10月撮影
[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米大富豪で慈善家としても知られるデービッド・ロックフェラー氏が20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去した。101歳だった。ロックフェラー家の報道担当者が明らかにした。「眠るように安らかな最期」だったという。
ニューヨークのロックフェラー・センターを作ったジョン・ロックフェラー2世の息子で、スタンダード・オイルを創業した石油王ジョン・ロックフェラーの唯一生存する孫だった。
マンハッタンに生まれ、1936年にハーバード大を卒業。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ後、1940年にシカゴ大学で経済学の博士号を取得。1969年から1981年まで、米銀大手チェース・マンハッタン(現JPモルガン・チェース)の会長を務め、各国政府や多戸籍企業との密接な関係を築いた。
米フォーブス誌によると、同氏の資産は2017年3月時点で推定33億ドル。ニューヨーク近代美術館やロックフェラー大学などに、生涯で20億ドル近くを寄付したと報じられている。

あらいぐまは『神戸市の委託業者』が殺害

☆今日二回目

今日農政部ののぶやす職員に聞くと
題名に書いたように

『業者が現場で炭酸ガスで殺している』と言いました

わたしがあなたに聞いたことと違う
と言いましたが
ぼくは神戸市動物管理センターで殺しているとは言っていない
神戸市動物管理センターで焼却していると言った

と言われました

わたしがのぶやすさんに聞いた
『神戸市動物管理センターで安楽死』という言葉については

『適正に安楽死をしたあとで神戸市動物管理センターで
焼却をしていると言いました』

と、言いました

このことを、これ以上話しても無駄なので

ただ
『なぜ適正に安楽死などと言うことが言えるのか?』

と聞きましたが

『なぜ?』とう問に関しては答えはなく

『適正に安楽死』という言葉を繰り返すだけだったので

わたしは
「それはのぶやすさんの主観でしょ?
わたしの主観はそうじゃない
わたしは
『不適正な動物虐待の殺害』だと思っている
のぶやすさんの主観が全ての人の主観じゃない
柵を普及啓発していないことを『周知不足』と
この前、認めたでしょ?』

『はい でも全てが柵で対応できるわけではありません』

『そうやね でも全てが柵で対応できないわけではありません
これが、のぶやすさんとわたしの主観の違いです』

思うのですが・・

最初から殺す気でやれば、助ける方法が浮かばなくなるのがあたりまえではないでしょうか?

最初から助ける気持ちでやって、それでも助けられないような事柄が起こった時に
また、助けるための創意工夫と言うものを考える能力ができてくるのだと思います

もちろん、犬猫の殺処分も同じです

神戸市役所 生活衛生課の米谷さんには、わたしの間違いだとわかったので
電話で謝ろうとしましたが、会議ということで・・竹原係長も会議ということで、、
電話に出た早川さんという人に、伝えてもらいました

『すみませんでした』と

また、別の機会の時に再度直接謝ろうと思います

記事も訂正と部分削除をしておきました

間違ったことを書いてしまいました

申し訳ありませんでした。

全ての生命を尊ぶ会
武田弥生

『ケムトレイル』再び/多可町議員よりTEL/米軍?に苦情

☆昨日またケムトレールにやられた

毎日気づくだけでも3回は航空機の音がして

昨日昼前くらいに2分くらい連続で音が聞こえて

夕方にまた近くで音がしたけど通りすぎた感じ

ちょうどその時外わんこにごはんをあげるのに

玄関を一歩出ただけで空気でわかった

また『ケムトレイル』だ

昼間の約2分に散布したのではないか??

前よりも時間が短かったからか?

今朝にはだいぶ空気がましに・・・

大きな雨を利用するためにまいたんだと思う

店の建物の窓を喚起のために開けていたのに
また拭き直しだし

干してた洗濯ものも
また洗い直し・・

なぜ多可町がやられるのか?


農業法人の件もあると思うけど

多可町、食べるお米よりも

酒米が有名なんですよね

『山田錦』(発祥の地)

酒好きな『加藤ときこ』さんがイベントで毎年来てる

わたしの集落(多可町の最北端)は気温が低く酒米には向いてないがお米がブランド化してる

車で5分くらい南に行くとそこから南は酒米を造る人が多い

理由は、酒米の方が高く売れるから

大家さんも、(元の自宅は南)自分たちが食べるお米は買って、酒米のみを造っていた


だから、、その裏社会の人間たちが

土壌も生き物も病気にしたり殺したりとか・・

そういう目的なんだと思う

『お酒にも毒物を埋め込む』ことになるから・・・


昨日毒物をまた空気から多く受けたあとに思った


わたし、自分が生きてること自体、キセキな気がする って

すでに死んでてもおかしくないよな って


4日前に、はじめてそばにあるひのきの木のにおいを感じた
3日前には、はじめてそばにあるもみじの木のにおいを感じた

でも一瞬で、それがその後続くわけではないけれど
幸せな気分になりました

昨日の早朝に
すぐ近くから聞こえてくる
しかの鳴き声が、、
わたしが『はい』というと、
しかが『きゅー』と
それを繰り返して
しあわせだった

昨日多可町の共産党議員から電話があった

ネットワークで聞いてみたけれどわからない と

ずいぶん前に山口県の岩国市の米軍基地から
訓練のために来ていたことはあったと言われた

生野(いくの)の上空で攻撃訓練をして
多可町上空あたりで旋廻して帰る みたいな・・・

ただ、その頃と違い今は共産党議員が少なく
多可町では一人

自分も夜は夜勤なので
記録をつけてください

と言われました

日時と音が聞こえてる長さなど・・・

そういう記録を基にまた調べてみる と

議員の方が夜勤と言われたのでびっくりしたのですが


中核市などの議員などは給料が高いと思うけれど
多可町のような小さな町の議員は給料は少ないのだそうです

税金からなので、書いてもかまわないと思うので書きますが

手取り11万ほど だそうです

なので別に夜勤をしている と

そういう理由もあるので

年金世代の議員の方が多いのだ

と、おっしゃっていました

今、隣の集落に、太陽光パネルの業者が来る

という問題がもちあがっていて

その場所に設置されると

近隣二世帯の家に陽が当たらなくなってしまう

という問題に今議会で対処されているので

わたしも役場にこの問題について
聞いてみようと思います。

今、再度 京都府京丹後市にある

近畿中部防衛局 電話0772769070

に電話しました

今回の内容も伝えて、

そしてわたしが予測をすること

今はたんぼに水を入れる前の時期で

耕したりする時だから

土壌のなかに汚染物質を深くうめこむことが
目的なのだろう

それが多可町産の山田錦を飲んだ人を
病気にさせたり殺したり
もちろんわたしのように
直接大気を原因として
死ぬかもしれないくらいの
毒をまいたり・・・

そういうことも伝えて欲しい

そして
もういいかげんにしてくれ

と言ってください と

『わかりました 担当からそのようにはからいます』

とのことでした

(もしかしから米軍でなく日本かもしれないですね
とりあえず伝えたので、、日本がやっていても
少しは伝えた効果が出てほしいです)