2016年12月31日土曜日

『収支報告』2014年下期~2015年下期

☆今年最後の記事は『収支報告』です

大晦日ですが、私の場合は
『みなさん よいお年を』とは、すみませんが、どうしても、書けません

世の中の動きをみていると、どうしても来年に

『よい年が来るとは思えない』から

それはなにも、わたしについてではありません

よのなか全体について です。

なので、挨拶などないですが・・

すみません

ただ、からだには気をつけてください

わたしもですが

知恵を働かせて工夫をして生きていかなくては

だれもが病気や事故に遭う可能性がある時代になってきました

地震・火災・事故・事件など・・・

わたしが高校の時、学校行事で

『日本沈没』という映画を見ました

最近、それを思い出します

『あの映画のように、あのままではなくても、結果はあんな感じになっていくのではないか?』

『東京オリンピックなんて言ってるけど、それまで持つんだろうか・・?』

と、思います

みなさん、どうぞ、お気をつけください。


☆収支の報告が大変遅くなりました
2015年3月から、自分のからだがおかしくなっていくのを感じはじめ
その原因が福知山市長田野工業団地の製造企業から排出される汚染大気であると
わかったのが、5月でした

そのころ、事務仕事は、民事訴訟の答弁書を作成することで精いっぱいでほかは

体調不良でも犬猫の世話をすることと、ブログを書くのが精いっぱいで

民事裁判が終了するころになっても、当時の買い物のレシートを出すと、マスクをしていても酷い頭痛に襲われ、なかなか手が付けられませんでした

実際、民事訴訟の答弁書も、この頃のものは今の家では、段ボールに入れてベランダで干していたのですが、一旦紙に付いた汚染大気は、なかなか取れません

最近少しだけ、体調が上向きになり、レシートを出して電卓をたたくと、そのあいだ少し頭痛は
続くけど、終わってレシートを遠ざけると、からだが持ち直すようになってきたので

やっと、この期間の計算ができましたので、報告いたします

ご支援をいただきましたみなさま、心より感謝申し上げます

2016年分も、年明けには、報告いたします

本当に、ありがとうございます

報告が大変遅くなりましたことを、どうぞお許しください。

全ての生命を尊ぶ会 
代表 武田弥生



☆2014年 7月~12月  収支報告 

前月末残高     
-1,399,299
  
収入 (寄付)        738,914

 
支出  動物病院(狂犬病予防接種・フィラリア薬含)162,880
    日用品          127,697
    交通費          93,880
    フード          306,895
    犬登録(7頭)福知山市役所 21,000   
※市役所で登録をした場合は↑のようにしていますが、動物病院で狂犬病予防接種の際に登録もした際は、病院が代理で行うので、動物病院に支払をし、病院費に含んでいます 
    水道光熱費         49,000

※12月が暖房費のため、光熱費が高くなっています
福知山では、夏季には冷房代がいりませんでした       通信費          66,000
 支出合計          827,352

2014年12月末残高   -1,487,737


交通費は保護活動(動物病院通院交通費含)・譲渡にかかるガソリン代・高速料金・コインパーキング代

通信費は固定電話・携帯電話のうち当会の活動にかかる料金

水道高熱費(電気・ガス・水道代・灯油代)は、当会の保護活動にかかる料金

●日用品は、ペットシーツ・保温用品・首輪・リード・スチールチェーン・ハウス用品・ゲージ・外飼い用の犬小屋・清掃&洗濯用品など


☆2015年 1月~6月  収支報告 

前月末残高     
-1,487,737
  
収入 (寄付)        482,560

 
支出  動物病院(狂犬病予防接種・フィラリア薬含) 184,994
    日用品      125,375    
    交通費       78,220   
    フード       328,139   
     
    水道光熱費      146,000   
※冬の猫の電気代の大幅値上げと、猫を娘宅3部屋に分けてと、駒場新町
2部屋に分けて、それぞれ小型のセラミックヒーターですが、かなり高くなるので
留守はそれにしましたが、在宅時は石油ファンヒーターに切り替えていました
(灯油代のほうがかなり安いので)が、かなりの光熱費がかかりました      
 通信費            34,000 
※駒場新町の家では、実家の固定電話を使っていたので固定電話費はなしとなったため通信費が下がりました
 支出合計          896,728

2015年6月末残高    -1,901,905


交通費は保護活動(動物病院通院交通費含)・譲渡にかかるガソリン代・高速料金・コインパーキング代
通信費は携帯電話のうち当会の活動にかかる料金

水道高熱費(電気・ガス・水道代・灯油代)は、当会の保護活動にかかる料金です

●日用品は、ペットシーツ・保温用品・リード・首輪・スチールチェーン・ハウス用品・ゲージ・外飼い用の犬小屋・清掃&洗濯用品などです

☆2015年 7月~12月  収支報告 

前月末残高     
-1,901,905
  
収入 (寄付)        626,422
※この半期に、滋賀県の元あずかりOさまより20万円の寄附をいただいたので
前回に比べ収入が大幅に多くなっています

 
支出  動物病院(狂犬病予防接種・フィラリア薬含)  53,730
    日用品      123,760   
    交通費       76,720
    フード       274,290   
     
    水道光熱費      48,000  
       通信費       18,000

※神戸市から移転した際、PHSの電波が入らなくなったため、ドコモにしていましたが、4月にドコモが壊れて、駒場新町でPHSが電波入ったため
PHSに戻したため、通信費が下がりました
 支出合計         594,500 

2015年12月末残高    -1,869,983

 
交通費は保護活動(動物病院通院交通費含)・譲渡にかかるガソリン代・高速料金・コインパーキング代

通信費は携帯電話のうち当会の活動にかかる料金です
水道高熱費(電気・ガス・水道代・灯油代)は、当会の保護活動にかかる料金

●日用品は、ペットシーツ・保温用品・リード・首輪・スチールチェーン・ハウス用品・ゲージ・外飼い用の犬小屋・清掃&洗濯用品など




2016年12月30日金曜日

S家の『イチくん』

滋賀県Sさまより『イチ君』(仮名 なると)の写真を郵送でたくさん送っていただきました

↓ほんの一部です




仕事先から戻られたご主人にも、間もなく慣れてなついているということで、
大変安心しました

イチくんの生活スペースは玄関のなか

庭で遊ぶときには
必ずおくさまがそばについていてくださいます

鳴門市の野犬たちの譲渡を開始した時から

子犬や、野犬など保護当時人に慣れていない子や

びびりちゃんの野犬ちゃんの子犬については

当会は

『散歩以外は絶対に家のなかで』

『もし庭で遊ばせる時は、必ずそばに付いていてください』

と、約束をしています

イチくんは、土を掘ったりするのも好きな子です

おくさまが最初に


『前の子にできなかったことをしてあげたい』

とおっしゃったとおり

本当に

大切に大切に育てられている『イチくん』


Sさまご家族みなさまに


心から

感謝申し上げます。

2016年12月29日木曜日

A家の『まるちゃん』

大阪府のAさまより、お便りいただきました!(^^)!

(鳴門市保護『なるみ』の子犬)


こんばんは お久しぶりです。
Aです。

今日狂犬病予防接種しに動物病院へ行きました。体重が11.8kgになってました。
ずっしり重くなりました。

散歩も慣れ、毎晩娘と一緒に近くの公園に行って走ったりしてます。
私の姿が見えなくなると、いつも立ち止まりチラチラ確認してから進み、ほんとかわいいです。

階段の上り下りもできるようになり、娘のベッドで一緒に寝たり、昼間はソファやコタツでゴロゴロしてます。
誰かが帰宅すると、大喜びで迎えてくれるので家族のみんなまるに癒されます。

甘噛みもほとんどなくなり、椅子をガジガジかじっていたのも、歯が生え変わり出してからは無くなりました。

おもちゃで1人遊びして、そのままウトウト寝るようにもなりました。

明日の夜から帰省します。
いろいろとアドバイスいただいたことに注意しながら、まるとの帰省を満喫したいと思います!

まるが我が家に来て、早いものでもう2ヶ月。家族全員この出会いに感謝してます。

これから益々寒くなりますが、お身体にお気をつけてくださいませ(*^_^*)

またまるの様子ご報告します。
これからもよろしくお願いします!



↓大好きなおもちゃと
おふとんかけてもらってますね!(^^)!


ソファーでもこたつでも
家族の一員
いることが、当たり前 ですね!(^^)!


↓ハイハイ なんでもしてえ~
気持ちいい!(^^)!


↓きちっとお座り
りりしい!(^^)!



わたしからお返事

こんにちは 武田です

ほんと、寒いですね・・・

先日夫から電話させていただいた際に
甘噛みがだいぶおさまってきたということで
安心しました

そうですか 大きくなりましたね~

まるちゃん、娘さんと一緒にいても
お母さんの姿が見えないと

逆にお母さんのことを心配してるのかも?
しれませんね

ちゃんとついて来てる??って・・

うちも始めてわんこを飼った時、
そういうこともあったかな?

って、思い出しました!(^^)!

まるちゃん、ほんとに

3女さんという感じですね

みなさんに大切に育ててもらって

本当に、本当に、幸せですね

こちらこそ、本当に感謝しています

ありがとうございます

最近車の事故など多いですので

巻き込まれないよう

気を付けて帰省されてくださいね

A家みなさまのご健康をお祈りしています

これからも

どうぞよろしくお願いいたします


全ての生命を尊ぶ会
武田弥生

2016年12月28日水曜日

日本の『隠ぺい体質』

日本が『隠ぺい』国であることは、さまざまな事実から判明されていることですが、
今朝の朝チャンで、安倍とオバマの演説が放送されていたけれど、オバマの演説に入って間もなく、その日の様子↓を言っていた途中に・・・

湾では、船舶がきちんと列をなして停泊していました。カリフォルニア号、メリーランド号、オクラホマ号、テネシー号、ウエストバージニア号、ネバダ号、そしてアリゾナ号のデッキでは海軍の音楽隊がチューニングをしていました。

↑の二行目を言い終わった瞬間くらいに

いきなり画像が切られた。

しかもあわてたように・・

で、芸能(スマップ)にいきなり切り替えた

こういうの、恥ずかしいって思うな

日本軍が攻撃する瞬間

この日米の訪問や演説に、純粋ではなく他意があることは、誰でもがわかる
と思う

この演説内容が純粋であるなら米も日も、核兵器禁止条約になぜ反対をしたのだ?

どんな理由をつけようと、この『核兵器禁止条約』に反対した日米と、『広島』『ハワイ』を訪問・演説した日米首相のきれいごと建前作戦は見え見えであり、

逆にこんな見え見えパフォーマンスが、一般国民に見破られていない

と思っている日米トップたちが、『とっても痛い人』であり、特に、若い世代の人は

トップたちの世代よりも頭脳が明晰であり、こういったパフォーマンス行為が、特に若い世代にばれていることが、本人たちが理解できていない
ということが、とっても『恥であるな』と、わたしは思う。


↓10月の『毎日ネットニュース』より

国連総会第1委員会(軍縮)で27日、核兵器禁止条約に向けた交渉を2017年に開始するよう求める決議案が賛成多数で採択された。日本は「核兵器国と非核兵器国の亀裂を深め、核兵器のない世界の実現が遠のく」(菅義偉官房長官)として反対した。核兵器禁止関連の決議に対し、日本は実効性のなさなどを理由に棄権するケースはあったが反対に回るのは異例だ。
     決議案はオーストリアやメキシコなどが共同提案。123カ国が賛成し、38カ国が反対した。16カ国は棄権した。年内にも総会本会議で採択される見通し
     日本が反対した最大の理由は、北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威が高まる中、禁止条約は米国の核抑止力維持に影響が及び、日本の安全保障環境に直結しかねないとの判断だ。岸田文雄外相は28日の国会答弁で「北朝鮮は決議に賛成し、核兵器国は一国たりとも賛成しなかった。各国の対応に(反対の)根拠を見いだすことができる」と強調。日本政府が最も懸念するのは、罰則を伴わない国際法ができた場合、日本と近い米英など民主主義国には法順守の圧力がかかる一方、北朝鮮や中国が核開発や核保有を続ける状況だ。
     ただ、唯一の被爆国の日本の反対には国内外の批判が強まる可能性が高い。今年4月に岸田氏の主導で核保有国の米英仏を含む主要7カ国(G7)で核軍縮を目指す「広島宣言」をまとめ、5月にはオバマ米大統領の広島訪問を実現させただけに、言行不一致と見られかねないためだ。
     安倍晋三首相は28日、国会答弁で「簡単な判断ではなかった」と認め、日本が提出した核兵器廃絶決議案で、米国を初めて共同提案国に引き入れた成果を強調した。これに対し、民進党の安住淳代表代行は記者会見で「被爆国の反対は世界にはわかりにくく、厳しく追及したい」と指摘。

    ↓12月 日経ネットニュース
    国連総会は23日、核兵器の使用を禁じる核兵器禁止条約の交渉入り決議を賛成多数で採択した。唯一の戦争被爆国でありながら、米国の「核の傘」の下にある日本は反対した。2017年3月のニューヨークでの交渉開始が正式に決まった。もっとも米国やロシアなど核兵器保有国は反対しており、実効性には疑問が残っている。
     決議は賛成113票で採択された。棄権は13票、反対は35票だった。核兵器保有国である中国は棄権した。
     決議は10月27日に開いた軍縮を話し合う国連総会の第1委員会で123票を得て事前に採択されており、今回、正式な総会決議となった。日本は第1委員会での採決でも反対した。
     「核兵器の使用がもたらす破滅的な人道的結末について深く懸念する」とした決議は、法的拘束力のある禁止条約の必要性を強調。来年3月以降の2回の交渉会議の開催を明記した。

    相手がいつか使うかもしれないから
    自分も手放さない

    というのは、銃社会アメリカと同じであると思う。
    もちろん銃とはくらべものにならないですが・・

    相手を信用しない国は相手からも信用されない

    そこを、お互いがお互いを信じて
    いっせーので 『廃絶してしまう』

    ことになるようにしていくのが
    人類の義務だと思う。

    そのための一歩をも踏み出そうともしない
    日や米のパフォーマンスなど
    全く無意味である
    というより
    逆効果と言えるでしょう

    ダメ同士がダメ同市たちの狭い世間で
    お互いの傷をなめあったふりをして

    実は『腹の中は』

    という感じだと思いました。

    それにしても、メディアの隠ぺい体質にはあきあきです

    今はネットの時代なんだから
    いくらTV報道で隠ぺい操作をしようとしても
    それは無理 です。

    それがわかっていないTVも

    『とっても痛い存在な人たちである』
    と言えると思う。









    2016年12月27日火曜日

    H家の『リクくん&レオくん』

    大阪府のHさまよりメールいただきました

    Hさまは、混合ワクチンの証明を写メいただいたり、今回は、狂犬病予防接種の証明と

    あと、迷子札(電話番号刻印)の写真もいただきました


    大きく成長してきた『なるみの子 レオくん』&『なるの子 リクくん』です






    わたしから返信

    武田です

    狂犬病予防接種と登録のご連絡
    ありがとうございます!(^^)!

    それから

    めりゃくちゃかわいいですね!
    少し大人っぽくなって
    リクくんがびびりちゃんでしたが
    だいぶ堂々としてきた感がありますね

    レオくんはやはり撮影の際にも
    横座りっぽい感じで
    ちょっとのんびりさんな気がします

    それから
    『からくさ模様の首輪』可愛すぎます!(^^)!

    流行りの迷彩だとどうしても戦闘服柄イメージですが

    こんなの売ってるんですね!!

    めちゃくちゃかわいい

    昔のアニメで出てくるどろぼうさんがよくこの模様のふろしきを
    巻いて背負っていました

    それくらい、昔はどこの家にもあった模様のふろしき
    なんですよね・・

    本当に、リク君とレオ君を大切な家族として
    当然のように愛してくださるご家族みなさまに
    心から、感謝しております

    またブログに掲載させていただきますね

    (お名前や電話番号は掲載しませんので)

    ありがとうございます!!

    武田弥生



    ↓個人情報が隠れるように写真を撮りました

    迷子札『飼い主』につづきHさまの名字と電話番号が書かれてあります

    わたしも、ダックスを飼ってすぐに、こういうのを注文しました

    大切な家族ですから


    ただ一つ注意は、中型以上の犬の場合に多いのですが、

    自分で名札を噛みちぎって、『パア』にしてしまうことが
    結構ありますので(狂犬病予防接種済票も)

    そういう子は、首輪に油性ペンで電話番号を書くのがいいと思います

    そのうえで、万一いなくなったらすぐに

    警察と動物愛護(管理)センターと、役場や保健所に連絡を!!

    連絡しないと『殺処分』されます!

    2016年12月26日月曜日

    『混合ワクチン』について、MM&HMの『虚偽』/告訴



    当会は、混合ワクチン接種を行うか行わないか?

    は、里親さんの考えにお任せしています

    実際、ワクチンの副作用で死んだ子もいるそうだし、

    わたし自身、飼い犬と飼い猫に、毎年ワクチンさせていて

    酷い副作用に見舞われ、死ぬんじゃないか?

    と、思いました

    確か、猫が2年目に接種したワクチンで

    飼い犬オスが7年目に接種したワクチンで

    同じ年に打ったワクチンで

    二頭とも、

    接種後24時間、うずくまって動かなくなりました

    24時間たってだんだんとからだが戻っていったのですが・・・

    猫には5種を、犬は8種を子犬子猫の時から打っていました

    その副作用以降、わたしは混合ワクチンを打つのを一切やめました

    だから犬猫の保護を始めてからも

    どの子にも混合ワクチンは打っていません


    第二種動物取扱業で『混合ワクチン接種』は、法律のうえで義務ではありません


    一般の飼い主もです

    法の上での義務であれば、わたしが飼い猫・飼い犬にワクチンをするのをやめた時点で

    『法律違反』になるはずですから


    そんなことはありえないんですよ

    しかしMMとHMは、『混合ワクチンを法の上での義務だ』と

    ウソを書いているわけです。



    ↓は告訴相手のMMが書き、同じくHMがアップした『京都神戸動物愛護団体崩壊レスキュー』より

    私からは、この3週間の間にやはり犬が増えてしまった事。
    そして、生後8週令に満たない、ワクチン未接種の仔犬を譲渡しつつある事、
    今月もう一度行われる譲渡会(屋外です)にも連れ出す事、何度も言いますが
    愛護法違反である事を伝えしっかり指導をしてもらうよう、お願いしました。

    あまり、いい感触ではなかったのが残念に思います。

    ↑の「指導をしてもらうよう、お願いしました」というのは、『京都府』に対してのこと。

    あまりいい感触ではなかった

    と、本人が書いていますが・・


    だって、『愛護法違反じゃない』から。

    しかし思うのは、、、

    なぜ、京都府動物愛護管理センターの佐藤元センター長は、この時にはっきりとMMとHMに

    『混合ワクチン接種』は、第二種動物取扱業の義務ではない

    と、言わなかったのか?

    『義務ではない』から、6月10日に京都府と神戸市が当会に来た際に、混合ワクチンに関して
    何も言っていない

    あたりまえのことだ


    行政の担当公務員が、はっきりと言わないから、こんなことになる。

    でもしかし、


    『混合ワクチン接種をしていないこと』を(他の理由もつけていますが)

    『全ての生命を尊ぶ会』井上代表 は『動物愛護法違反』だ

    と、わたしを、『犯罪者だ』と、公然性あるインターネット上で、批判をしたのですから

    『虚偽』を用いての『批判』なのですから


    わたしが民事訴訟や刑事告訴をするのは、当然のことです。


    混合ワクチンについて、現在かかりつけの神戸市の獣医に、以前聞いたことがあります。

    飼い猫・飼い犬の症状を言うと獣医は

    『あの頃の犬の8種混合は、特にダックスには副作用がきつかったんです』

    『種類の多いワクチンより、種類の少ないワクチンの方が安心だし、国産のワクチンのほうが安心です』

    とおっしゃっていましたが、、

    種類の少ない方が安心
    というのはわかりますね

    だって、ワクチンっていうのは、そのウイルスを少量からだにうめこむというものですから。

    でも『国産』っていうのは、、今はどうか?って思う。


    なので当会としては、猫は難しい病気が多いので

    猫を保護した際は1カ月ゲージで隔離する

    ということをしていました


    当会で猫パルボが発生したことを、MMとHMはそのブログで攻撃材料にしていましたが

    わたしはあれは、動物病院で移ったと確信しています

    ただ、それを証明はできないですよ

    パルボ菌に色が付いているわけじゃありませんから・・


    当時、他から猫を当会に入れたことがなかったこと

    猫を外に出したりしていなかったこと

    ちょうどのタイミングで動物病院を受診したこと


    そういうことから

    です


    そのこともまた書きます
    その時の病院の対応にも不信感を感じたので・・

    里子便りを書こうと思いましたが、その前に、

    関連する『混合ワクチン』について、今日は書きました。

    あと、大切なことなのですが、、

    『混合ワクチン』って、本当は、3年間効果が続く そうです。

    これは、兵庫県丹波市の獣医が言っていたし

    それから、神戸市動物管理センターに、譲渡団体になる際のセミナーを受けた際にも

    セミナーの神戸市指定の獣医だったか?その場にいた湯木職員(獣医師免許持ち)だったか?
    忘れましたが、どちらかが言っていた・・・

    わたしと一緒にセミナーを受けに行った人の質問の答えとして・・・

    その質問をしたのは、当時、当会の猫のあずかりをしてくれたり、時には、神戸西警察署にわたしの代理で猫を引き取りに行ってくれた人である。

    今現在も兵庫県丹波市でボランティアをしていて、当時、兵庫県丹波警察署の会計課職員だった人。

    MM・HMが『京都神戸動物愛護団体崩壊レスキュー』を書くまでに、この人は、当会に2~3回来ている。

    わたしが福知山市に移ってしばらくして、当時の猫のあずかりさんだった高齢男性に、

    『最近丹波警察署に来る犬がものすごく多い 全ての生命を尊ぶ会で保護をしてもらえないか?』と
    お願いされ、その時から、この会計課の女性がおられ、逆に、当会が神戸西警察から引き取りをする際にボランティアで走ってくれたり、あずかりもしてくれた。

    わたしは、こういう事実も全て民事の裁判で答弁をしてきたし、もちろん、刑事告訴をする際にも
    『証拠』として、提出をしています。


    話を『混合ワクチン』に戻しますが、本来3年間効果があるもの
    ということは、

    そういうものを、1年に1回打ち続けるということは
    からだに負担がかかり副作用がよけい出やすくなるのも当然

    と言えると思います。

    だったら3年に1回でいいじゃないか??
    って、

    普通は思いますよね?


    そこがだから・・・

    『獣医師の金儲け』であるわけです。

    本当に、犬や猫のことを思うならば

    そんな危険な行為を、犬や猫の家族である患者に

    毎年勧めることはしない
    はずです。










    2016年12月25日日曜日

    Mさん家の『やん』くん!

    ☆兵庫県のMさんよりお便りいただきました!(^^)!


    前に、『やんちゃ君』と書いてしまいましたが

    名まえは『やん』君でした


    こんばんは!

    やんちゃんの写真と動画です!
    寝てるかお手ばっかりしてます!






    ↑いかにも、のんびりと、ゆったりと・・

    リラックスして眠っていますね!(^^)!

    ↓生後4か月とは思えない

    なんて、表情豊かで、なおかつ
    何かを悟りきったような

    とっても大人びた表情です

    とっても頭がよさそう



    野犬ちゃんの子って・・

    いかにも

    『はい!ぼく、しっかりお座りしてるでしょ?』


    って感じの、、

    相手に、確実にできてることをわかってもらおうとするような
    ところがある気がする


    とても忠実 な、感じ


    ↓正式譲渡の際の娘さん抱っこの写真も


    なんておだやかで落ち着いたお顔なんでしょうか


    『犬が飼い主を選ぶ』というのは

    本当にあるんですよね


    相性ぴったりのご家族の子供になれた

    って、思います。


    一緒にトライアルに入って譲渡にならなかったポン君は、今も京都市内にトライアル中


    トライアル二日目、おしっこをしないということで

    Mさま宅に電話しておかあさまに聞きました


    うちでは団体で新聞紙でしていたので

    環境が違うと思ったので・・・


    そこで、お母さんに教えてもらった通り、

    Mさま宅でやっていたように

    ゲージのドアを開けっ放しにして
    (留守番時など誰も見ていられない時は閉めっぱなしですが)


    ゲージから出てすぐのところにトイレシートを敷いてもらったら

    おしっこをがまんすることなく

    ちゃんとゲージから出てきてしてくれたそうです


    ポンちゃん、臆病ですがすこしづつ、慣れてくれているそうです


    Mさん娘さんより↓

    ポンちゃん飼い主さんに慣れたみたいで
    良かったです!安心しました



    ポンちゃんは、M家で学んだことを今トライアルのおうちで

    成長して行っています

    『ポン君』⇒『ジャスミン君』

    と呼ばれているそうですよ


    Mさま、ありがとうございます!(^^)!

    2016年12月24日土曜日

    野犬の子犬ちゃんたち『日光浴』

    今ここでみている子犬ちゃんたち

    鳴門市 野犬ちゃん(母犬は現在その家で飼い犬になった)が産んだ子

    糸状菌症という、かびが原因の皮膚の症状があります

    うちに来て1カ月・・


    軽くなった子もいますが、症状が重くなった子も・・

    でもどの子も元気に成長している


    体重が増えて食べ物と環境に気をつけて免疫力↑を測っています


    水曜日、あったかくて陽が照ったので、初めての

    『散歩の練習』

    そうです

    『散歩』まではいかない

    はじめての

    『散歩の練習』

    外の風と太陽にあたるのも免疫力アップの効果

    今は、空気も紫外線も汚染されまくってるので

    できるだけ汚染大気のこない場所で(でないとわたし自身がいられないので)


    『日光浴』

    わたしも、夏~秋はこの『日光浴』自体が自分にとっては『毒』でしたが・・

    大気の汚染がましな場所でだったら

    『毒』ではなく『日光浴』って言えるからだになれました

    まだまだですが、、自然に健康になっていくには、あたリ前の期間だと思っています。


    道路から高い位置の、住居の前(道路の反対側)あたりで↓













    最初びびって震えて、歩かずわたしのしゃがんだまたの間にいたり

    じっとわたしの脚とかにからだをくっつけて動かないんですよね

    だって初めてだからコワイのあたりまえ


    でもすぐに、枯れ木に興味持って・・

    木くわえたりリードくわえたり

    帰りはやっぱりまだ怖くて歩けないから

    行きと同じく『抱っこ』


    人間の赤ちゃんとおんなじね!!


    白ちゃんは、この日のあと、かなりなついてくれるようになりました

    あと一頭、警戒心の強い子がいますが、、


    やっぱり安心したんよね


    面白いことさせてくれた

    こわかったけど

    こわい時は抱っこしてくれたし

    ちゃんと元の安心できる場所に帰ってこれた


    人間同士も、人対動物も

    信頼関係がなくては

    絶対うまくいきません


    いくつもの信頼関係が深まって

    やっと『キズナ』って
    言えるものになる

    って思う。


    わたしは里親さんとも

    信頼関係を一番に考えます。


    この子たちももちろん

    皮膚の状態がよくなって

    そういう里親さんとめぐりあえればいいな~~


    長くかかると思うけど

    楽しみにしています。



    2016年12月23日金曜日

    『がん』とも共生/未来の地球?


    ☆最近TVでの、猫の多頭飼育放映が多く、、

    「あさちゃん」の夏目三久なんかも・・・

    山梨県庁の敷地内でいいかげんなえさやりをされているのら猫に関して

    『共生』か?『なんとか?(なんて言ったか忘れた)』か?

    な~んて、すずっしい顔して言っちゃってる

    そういうのが、とんでもなく怖いって思うな

    『共生』でなければ、猫を不幸にするって、自分が言ってることなんだけどな・・・


    キャスターも、意識が低すぎるし、実際社会の経験不足って感じ、、

    一般社会を勉強した方がいいと思う・・・・


    で、『共生』ですがわたしはもちろん、どんな生きものとも『共生』が当然
    だと思う。

    ただ、今わたしは魚介を食べている

    カルシウムの面でどうしても必要・・って思って・・

    ほんとはこれも、すごい身勝手だって思ってる

    魚介も食べずにALL植物性のみで生きていけたら・・

    いつかそんなからだになってくれたら・・・って、思う。


    だからもちろんしかやいのししなどの野生動物も
    殺さないのが当たり前


    そして今日の題名通り、

    わたしは『病気』『がん』とも、共生

    と思ってる

    その共生っていうのは・・


    だれだって病気やがんやねたきりや痴呆にはなりたくない

    ただ、そういう病気になった時に、もぐらたたきみたいに

    かたっぱしから薬やメスでつぶすんじゃない

    ってこと。


    病気になるってことは

    これまでの生き方を振り返れ

    ってサインをもらった、

    しんどいけど、もらえた

    ってことだから・・・


    『生き方を変えるチャンス』なんですよね!


    じゃ、どんなふうにすれば、

    からだがしんどい状態から抜け出せるのか??

    って、自分自身が自分自身のからだと向き合い


    『がん』などを治していく

    がん細胞を小さくしていく

    ということ。。


    たからわたしは

    ●がんとたたかう

    とか

    ●がんを憎む


    とかいう言葉が嫌いです


    だって『がん細胞』だって

    元々は、自分の大切な細胞さんであり


    それが、自分の生活とか外的環境とかから

    時間をかけて『がん細胞』に変化しただけ なんですよ


    その変化に気づいてあげなかったのは自分自身なのだし

    じゃ

    一旦『がん化』してしまったのなら

    まずはがんが大きくなるのを防ぐ生活を

    そのあと、がんが小さくなっていく生活を

    自分自身で探し出すしかない と思う。

    それはなにも がんだけじゃなくて、書いたようないろんな病気もおんなじ

    って思う。


    『がんを憎むってこと』は『自分自身を憎むってこと』


    なんだよね
    本当は・・・


    自分のからだにできた『がん』を、もぐらたたきみたいにやっつけるのは

    自分のからだを傷めつけてるのとおんなじ だ。。


    だから
    極端に言えばね・・・


    逆に『がんをいとうしく思う』とか・・


    そういう感じ

    だって思う。。


    自分のからだの声を聴いて

    自分のからだが喜ぶ生活をさせてあげる


    そうすることで、、、

    いとおしかった『がん細胞』は

    『普通の細胞』に成長していくのだ

    って、わたしは思う。。


    だからね・・・なんだろうね・・・


    やっぱり

    人間のやってきたこと

    それは、弱い動物だったり地球にだったり・・・・


    そういう

    やってきたことが、やっぱり人間に

    きちんと返って来る んだ。。


    人間が生きられない環境の地球になっていくんだ・・


    だからって、、月から資源を奪うとか
    ・・


    またまたそんなバカなことをやってる国がいっぱいある

    地球をつぶすだけじゃあきたらず

    月までつぶす=宇宙をつぶすつもり だ!!

    なんて懲りない面々 なんだ!


    近い将来もしかしたら

    こんなことやってる人類は全て消える?

    または大部分が消える?


    そうして、、逆に

    動物たちがのびのびと生き延び暮らせる

    そういう世界に

    なるのかもしれませんね・・・


    それでもいいじゃないか

    それならいいじゃないか


    ってわたしは思う


    だってそういうふうに仕向けたのは

    他でもない

    『人類』なのだから。